アセスメント

人事評価の際の傾向を把握する
<評価傾向フィードバック>

テーマ 強い管理者の育成 / 人事制度の設計・運用 / 人事・人材開発部門の強化
対象 管理者
研修利用 能力開発アセスメント ~ スキル発揮の傾向を振り返る ~

評価傾向フィードバック

評価傾向フィードバック

人事評価の際に陥りがちな評価バイアスの傾向を把握する

「評価傾向フィードバック」は、人事評価において部下を評価する際の「くせ」や「傾向」を把握するための診断ツールです。
一般に管理者が陥りがちな評価バイアスを6項目取り上げ、管理者個々人の評価傾向を客観的に判定します。
主な対象者 主な活用テーマ
  • 管理者
  • 管理職研修
  • 目標管理&評価者研修
  • 評価制度説明会 など

■診断項目

  1. 寛大化傾向・厳格化傾向
  2. 中心化傾向
  3. 自己投影効果
  1. 論理誤差
  2. 性差
  3. ハロー効果
まわりの人より厳しく評価しがち?

■商品構成

さまざまな仕事場面を取材し作成されたケース演習に取り組み、登場人物の部下を評価します。

対象者管理者 実施時間約55分
回答方式Web方式またはマークシート方式 結果報告書個人別報告書
会社用一覧表

▲ページの上部へ

ケース演習で実際に評価を体験

ケース演習に取り組み、実際に登場人物の評価をしていただくことで、自己認識だけでは気づきにくい傾向を把握することができます。

結果のフィードバックが容易

結果報告書の見方について、説明スライドを用意しています。自社内で簡単にフィードバックすることができ、内製化研修などで活用できます。

貴社評価者全体の傾向を把握

管理者一人ひとりの評価傾向に加えて、貴社評価者全体の傾向を把握できます。部門別や職種別の集計も可能です。

▲ページの上部へ

■評価者研修での活用例

研修の中で結果をフィードバックすることで、参加者の納得感や参加意欲が高まります。

午 前午 後

オリエンテーション

1. 当社の評価制度
2. 人事評価コンセンサス演習①
  ・ケーススタディ
3.
評価傾向フィードバック
結果の返却と解説
4. 人事評価コンセンサス演習②
 ・VTR演習
5. 人事評価と面接
 ・ロールプレイング

まとめ

■人事制度説明会での活用例

新任管理者への評価制度説明会や新人事制度導入などの際に、社内での施策のひとつに組み込んで活用できます。

アセスメントを受けた受講者の声

自分は、他の人よりちょっと甘めに評価しがちなんですね。そんなに甘いほうだとは、今まで思っていなかったです。評価のとき、自分は甘めなんだなと意識して、思ったのより厳しくつけたほうがいいのかな?

評価エラーは、案外自分では気づきにくいものです。評価傾向フィードバックでは、自分が世の中一般の管理者に比べてどんな評価エラーを起こしやすいのかが示されるので、実際に評価する際に、自分のクセを意識しながら評価することが大事ですね。ただし、甘めだから厳しく評価するのではなく、あくまで“評価基準より”甘くならないようにする、というのが活用のためのポイントです。

 

▲ページの上部へ

■管理者教育に関連するその他のアセスメントツール

管理者教育でよく活用されるアセスメントツールです。

▲ページの上部へ

▲ページの上部へ

昇格試験

研修利用

マネジメントスキル
360度フィードバック(職場行動)
テーマ別

人事評価

部下・後輩育成

問題解決

コミュニケーション・ヒューマンスキル

自己理解

採用試験

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら

このテーマ・課題に関連する事例

  • 日本シイエムケイ株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    日本シイエムケイ株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.7

    テーマ 強い管理者の育成
    対象 管理者
  • 株式会社マツモトキヨシホールディングス:プロフィール画像

    通信教育

    株式会社マツモトキヨシホールディングス

    【JMAM通信教育優秀企業賞:2014】「マツモトキヨシWAY」に基づき、段階的に教育機会を提供し、次世代のリーダーを育成

    テーマ 強い管理者の育成/ 人事制度の設計・運用/ 昇進昇格アセスメント / 学習する風土づくり
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員
  • 雪印メグミルク株式会社:プロフィール画像

    通信教育

    雪印メグミルク株式会社

    【JMAM通信教育優秀企業賞:2013】“常に挑戦する人”を育成する仕組みとして自己啓発支援制度を活用

    テーマ 女性活躍の推進/ 強い管理者の育成/ 学習する風土づくり
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員/ 新人・若手社員