集合研修

GR-72 対立を克服する力

テーマ 強い管理者の育成 / 若手社員の育成
対象 管理者 / 新人・若手社員

「対立」に立ち向かい、大きな成果を生み出す

職場で遭遇する様々な対人面の対立状況を体験しながら“現場力を練磨する”

研修対象者 成果を生み出せる社会人となることを期待されている方(新人~上級管理者)

  • プログラム
  • ねらい
  • 特長
  • お問い合わせ
研修の様子や、受講された方の感想がわかる映像(ダイジェスト版)を公開しています。この映像の続きをご覧になりたい方は、以下のお問合せフォームよりご連絡をお願いします。※お問合せフォームの『お問合せ内容』欄に「コース名」と「映像閲覧パスワード希望」とご記入ください。 サンプル動画閲覧のお問合せはこちら

プログラム

新人・若手社員・中堅社員対象

1日目
午前
■オリエンテーション

■当事者意識を持って職場の問題点をとらえる


■問題解決にむけた自己主張
・アサーションとは
・アサーション度チェック
午後
・パラダイムを転換する

■問題解決にむけた対立解決
・対立を見極める
・映像ケースの分析

■自分自身の対人関係特性を把握する

■「条件の対立」のポイント
2日目
午前
■「認知の対立」トレーニング
・ケースの分析
・ロールプレイング

■「感情の対立」トレーニング
・ケースの分析
・ロールプレイング
午後
■総合演習
・映像ケース
・ケースの分析
・ロールプレイング

■研修のまとめ

管理者・リーダー・監督者対象

1日目
午前
■オリエンテーション

■管理者に求められるコンフリクトマネジメント

・個人研究
・グループ研究

午後
■対立を分類する
・映像ケースの分析


■対人関係特性を把握する


■「条件の対立」トレーニング
・ケースの分析
・ロールプレイング
2日目
午前
■「認知の対立」トレーニング
・ケースの分析
・ロールプレイング

■「感情の対立」トレーニング
・ケースの分析
午後
・ロールプレイング実習

■応用ケース演習(見えない対立に向き合う)
・ケースの分析
・ロールプレイング

■研修のまとめ
お問い合わせはこちら 公開セミナーはこちら

ねらい

新人・若手社員対象

自らが持つ問題意識を周囲に伝え、周囲を巻き込みながら問題解決をはかっていく上で必要なスキルを身につける。

管理者対象

部門の改革課題を解決していくために、部下・関係者との間で良い対立を起こし、組織を活性化していけるようになる。

特長

  • 1.3つの切り口で対立を考える
    一言で「対立」といっても様々なパターンがあります。 ここでは、対立を「条件の対立」、「認知の対立」、「感情の対立」と3種類に分類し、それぞれの状況を解決するのに有効な「型」(対立を解決するための基本的な考え方・方法・手順)をケース演習を通じて研究していきます。
  • 2.対立解決プロセスのフレーム
    先に挙げた3種類の対立について、それぞれにおける解決プロセスのフレームを提示いたします。
    受講者の皆様は、ケース演習を通じて、これらプロセスを理解し、ロールプレイングを通じて、実践的にトレーニングを繰り返していきます。
  • 3.実践的学習をはかる豊富なワーク
    対立解決プロセスのフレームについて理解を深め、職場で実践できる状態にまで高めていく上で、本研修では、大半がワーク、および実践ロールプレイングで構成されています。 これらを通じて「技」(対立の状況にあった解決をするための有効な構え・動作)を練磨していきます。

研修で扱う3種類の対立

対立の解決パターン(二重関心モデル)

受講者の声

対立解決のプロセスがとても参考になった。このフレームは職場で大いに活用できると実感した。
映像ケースが良くできていたので、マネジャーの立場として、ロールプレイングに没入することができた。
かなりの数のロールプレイングをテンポ良く、立て続けに行なうことで、普段とは異なるやり方をあれこれ試してみることができた。

他にこんなコースもおすすめ

お問い合わせはこちら 公開セミナーはこちら

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら

このテーマ・課題に関連する事例

  • 公開セミナー(JMAMビジネスカレッジ)

    株式会社博報堂DYアイ・オー

    障害がある社員のリーダー育成に公開セミナーを活用~株式会社博報堂DYアイ・オー

    テーマ 強い管理者の育成
    対象 その他
  • 日本シイエムケイ株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    日本シイエムケイ株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.7

    テーマ 強い管理者の育成
    対象 管理者
  • 株式会社マツモトキヨシホールディングス:プロフィール画像

    通信教育

    株式会社マツモトキヨシホールディングス

    【JMAM通信教育優秀企業賞:2014】「マツモトキヨシWAY」に基づき、段階的に教育機会を提供し、次世代のリーダーを育成

    テーマ 強い管理者の育成/ 人事制度の設計・運用/ 昇進昇格アセスメント / 学習する風土づくり
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員