GR-72

自分と向き合い、考え抜く力を練磨する

GR‐72 現場力を練磨する72時間(考え抜く力)

テーマ

部長クラス/課長クラス

アセスメントと反復トレーニングで問題解決にあたっての対策を考える力を磨き上げる

現状のマネジメントスキルレベルを認識し、繰り返し演習を行うことで、短期的にマネジメント能力を向上・発揮させるコースです。
職場改善編( 課長層むけ)と事業改革編(部長層むけ)の2テーマをご用意しています。

対象者
職場改善編: 課長、課長候補者、係長、リーダー
事業改革編: 部長、部長候補者、基幹人材候補者
日数
1日間
最適定員
24名
実施形態
オンライン実施可能

ねらい

事業改革編

繰り返しのトレーニングによって、経営的視点から自社の問題を考え抜く経験をつみ、新たな視点を養うことで、現場力向上をはかります。

職場改善編

繰り返しのトレーニングによって、職場の問題や対策を考え抜く経験をつみ、新たな視点を養うことで、現場力向上をはかります。

特長

客観的にマネジメントレベルを測る

アセスメントにより、参加者は自分のマネジメントの現状に向き合います。

反復練磨による磨き上げ

ケース演習を反復して行うことで、自分のマネジメントスキルが徐々に向上していくことを実感します。

職場実践に向け学びを仕上げる

改めて所属する事業の課題に向き合い、自分は何に取り組めばよいのか、どうすればよいのか、見通しと確信を獲得します。

プログラム
事前課題 アセスメントセンター(※)の受験
‐事業改革編(ビジネスケース演習)
‐職場改善編(マネジメントケース演習)
「職場/組織で解決すべきこと・対策案」の記入

1日目 1.オリエンテーション

2.管理者の役割

3.アセスメント結果フィードバック
個人研究【内省】

4.課題解決スキルトレーニング
(1)ケーストレーニング1:個人研究⇒ペア研究【納得】
(2)ケーストレーニング2:個人研究⇒ペア研究【成長実感】
(3)課題設定トレーニング:個人研究【職場実践】
(4)教訓抽出

アセスメントセンターとは
主にシミュレーションを用いて管理者・リーダーとしての実践的な能力を評価する技法です。職場場面を模した演習に取り組み、その中でみられた受検者の行動を、専門のアセッサーが評価するアセスメントツールです。

ページ上部へ戻る