モバイル対応 改訂 最新事例に学ぶ 企業倫理・コンプライアンス実践コース 2019-2020年版

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / CSR・コンプライアンス
対象
  • 管理者
  • / リーダー・監督者
  • / 中堅社員
  • / 新人・若手社員
  • / 内定者
  • / 営業職
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

世論のコンプライアンスに対する感度は敏感になっており、企業・組織の活動は、「法令遵守」にとどまらない、「社会から期待される責任」を果たしているかどうか、という『職業倫理』の視点で評価されるようになっています。

本コースでは、社会から求められるコンプライアンス『職業倫理』について、どのように実践すればよいか学びます。

対象者 ビジネスパーソン全般
想定学習時間 2時間
最短実行時間 42分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

ますます高まる社会の「コンプライアンス」への感度を背景に、社会から求められる「職業倫理」とは何か、それをどのように実践するかを学びます。
「職業倫理」の視点から、コンプライアンスに対する「より高い自覚と責任」を養います。
身近な事例を用いて常に社会の厳しい目にさらされている企業・組織の活動を再確認し、「職業倫理」をどのように実践すれば良いか学びます。
最新のコンプライアンス事案をもとに、ケーススタディによる「トレーニング」を行い、日々の行動・活動に落とし込みます。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習のガイダンスと学習資料集
第1章 いまコンプライアンスに求められること
  • 1-1 いま求められているコンプライアンス
  • 1-2 職業倫理とは
第2章 コンプライアンス活動を見直すための5つの視点
  • 2-1 職業倫理を実践するために必要なこと
  • 2-2 遵法性について
  • 2-3 公正性について
  • 2-4 主体性について
  • 2-5 誠実性について
  • 2-6 良識性について
  • 2-7 どれくらい注意が必要か? 社会が求める職業倫理のレベル
第3章 ケーススタディ 最新事例に学ぶ職業倫理
  • 3-1 顧客情報の漏えい
  • 3-2 部下へのパワハラ
エンディング
  • 職業倫理の実現に向けて(事例アーカイブ)
レポート問題

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    一見悪いことではないように見えても、実際は法律に違反していたり、法律の抜け道を歩んでいる場合があるため、意識するきっかけになった今回の受講は大いに役立つと思う。

  • 受講者の声2

    「このくらいいいか」と気の緩みが起きやすいのが人間ですが、社会的立場や道徳観で自らを律することが大事だとよくわかりました。

  • 受講者の声3

    ある組織に属していると、その組織の倫理が正解となり、世間の倫理とおおきくかけ離れてしまう危険性がある。今一度、自分の行いを見直し、さまざまな観点から自分の組織内における行動が倫理にしたがって行われているのかを見直すよい機会となりました。

  • 受講者の声4

    どの仕事であっても企業倫理を問われる場面は多々発生するものと思う。その時になって間違えた行動をとらないよう、普段から意識できるきっかけになりました。

  • 受講者の声5

    「職業倫理」という言葉自体、ほとんど自覚していなかったのですが、事例を用いて説明してもらえたので、よく理解することができました。

  • 受講者の声6

    コンプライアンスについて五つの視点が参考になりました。

  • 受講者の声7

    仕事に従事する上で身に付けるべき行動の基準・規範であることをあらためて認識することができた。

  • 受講者の声8

    5つのポイントで考えるという「ものの見方」を通して日常業務を見直せるようになった。

  • 受講者の声9

    SNSが普及する中で、会社の一員であることを再認識し、自身の行動や発言を意識する機会になった。

  • 受講者の声10

    あまり職業倫理の基本的な知識を勉強する機会がなかったため、今後自分の社内外の行動一つ一つに対しての意識を改善することができた。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 このコースを活用している企業事例

Company case

サムネイル:事例紹介 田辺三菱製薬工場株式会社様

事例紹介 田辺三菱製薬工場株式会社様

製薬人®の育成にライブラリを「自主的に」活用する ~田辺三菱製薬工場株式会社

サムネイル:事例紹介 株式会社うおいち様

事例紹介 株式会社うおいち様

修了率は99.5%! 全従業員に必修コースを設定し徹底活用 ~株式会社うおいち

サムネイル:事例紹介 株式会社小野測器

事例紹介 株式会社小野測器

ライブラリを教育体系に組み込み、グループで徹底活用 ~株式会社小野測器

サムネイル:事例紹介 三菱レイヨン株式会社

事例紹介 三菱レイヨン株式会社

ダイバーシティ、労務管理等、経営課題をライブラリで対応 ~三菱レイヨン株式会社

▼もっと見る

コースの改訂情報 改訂情報

Revision information

<改訂情報 2019年3月22日>

【該当項目、改訂内容】
コース名を『最新事例に学ぶ 企業倫理・コンプライアンス実践コース 2019-2020年版』に変更しました。

 【該当項目】
3章 ケーススタディ 最新事例に学ぶ職業倫理
【改訂内容】
3-2 部下へのパワハラ
本節は、事例を「部下へのパワーハラスメント」に更新し、項目名を「3-2 部下へのパワハラ」に変更しました。なお、旧「3-2 ユーザー懸賞の水増し」については「職業倫理の実現に向けて(事例アーカイブ)」の事例アーカイブよりご覧いただけます。



<改訂情報 2016年3月28日>
以下の通り教材内容の改訂をおこないました。

【該当項目、改訂内容】
コース名を『最新事例に学ぶ 企業倫理・コンプライアンス実践コース 2016-2017年版』に変更しました。

【該当項目】
3章 ケーススタディ 最新事例に学ぶ職業倫理
【改訂内容】
事例内容を更新し、以下の項目名に変更しました。
3-1 顧客情報の漏えい

【該当項目】
職業倫理の実践に向けて(事例アーカイブ)
【改訂内容】
事例の更新にともない、削除となった事例「職歴情報の漏えい」を「事例 アーカイブ」に追加しました。


<改訂情報 2015年4月28日>
以下の通り教材内容の改訂をおこないました。

【該当項目、改訂内容】
2章
一部のアンドロイド端末にて、Chrome 41以降のブラウザを使用した場合に発生する以下の不具合への対応
①教材の一部の音声が再生されない不具合
②教材の一部の文字の表示位置が不適切な位置に表示される不具合

【該当項目、改訂内容】
2-2
字幕誤字の修正

【該当項目、改訂内容】
2-3
食品表示法施行に伴う、食品表示規定の変更について注記を追加
画面誤字の修正

<改訂情報 2014年3月14日>
以下の通り教材内容の改訂をおこないました。
【該当項目、改訂内容】
コース名を『最新事例に学ぶ 企業倫理・コンプライアンス実践コース 2014-2015年版』に変更しました。

【該当項目、改訂内容】
2-2 遵法性について
教材内での項目名の表示の誤りを修正しました。

【該当項目、改訂内容】
3章 ケーススタディ 最新事例に学ぶ職業倫理 3-2 ユーザー懸賞の水増し
事例内容を更新し、項目名を以下のとおり変更しました。
更新前:3-2 薬剤の試験データ改ざん
更新後:3-2 ユーザー懸賞の水増し

【該当項目、改訂内容】
職業倫理の実践に向けて
事例の更新にともない、削除となった事例「薬剤の試験データ改ざん」を「職業倫理の実践に向けて(事例アーカイブ)」に追加しました。

<モバイル対応コース 2013年2月4日>
本コースは、モバイル対応コースです。モバイル端末からもご受講できます。
◎モバイル版コースでは、以下の機能制限がございます。
・入力した文章の印刷(該当の節:3-1、3-2、事例アーカイブ)

<改訂情報 2012年12月26日>
以下の通り教材内容の改訂をおこないました。

【該当項目】
3-2 薬剤の試験データ改ざん
【改訂内容】
以下の通り、画面の誤字表記を修正しました。
誤:「法律や社内規定を無視し、結果さけよければいいという・・」
正:「法律や社内規定を無視し、結果さえよければいいという・・・」


<改訂情報 2012年11月1日>
以下の通り教材内容の改訂をおこないました。

【該当項目、改訂内容】
コース名を『最新事例に学ぶ 企業倫理・コンプライアンス実践コース 2012-2013年版』に変更しました。

【該当項目】
3章 ケーススタディ 最新事例に学ぶ職業倫理
【改訂内容】
事例内容を更新し、以下の項目名に変更しました。
3-1 職歴情報の漏えい
3-2 薬剤の試験データ改ざん

【該当項目】
職業倫理の実践に向けて
【改訂内容】
事例の更新にともない、削除となった事例を参照できる「事例 アーカイブ」の機能を追加し、項目名を「職業倫理の実践に向けて(事例アーカイブ)」に変更しました。
▼もっと見る