非エンジニア・文系人材むけ

DX実現にむけて
全社的に
デジタルリテラシーを高める

JMAMDX人材育成

こんなお悩みはありませんか?

  • /problem1

    DX推進の全社方針に対して、
    具体的な人材育成施策に
    落とし込めない

  • DX推進、DX人材育成におけるお悩みイメージ図

    社員に
    DX推進の
    認識がされてない

  • DX推進、DX人材育成におけるお悩みイメージ図

    社員の
    デジタル
    リテラシーが低い

DX推進、DX人材育成におけるお悩みイメージ図

JMAMでは
組織一体となってDXを推進するための
学びを提供します

DX推進のためのデジタルリテラシー教育では「どの層にどのような教育を行うか」が重要です。
日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)では、求められる知識スキルに合わせた商品・サービスをご提供します。

DX推進に必要なスキル

組織一体となってDX推進を進めるために、全社員、管理職・DXリーダー、経営層が、
それぞれの役割に合わせた知識・スキルを身に着ける必要があります。

humanicon01
JMAMが提唱するDX推進のためのビジネススキルマップ

階層・役割別教育フロー

デジタルを通したビジネス変革を考える視点は、全てのビジネスパーソンに必要になります。
全社員に向けてDX教育をご検討いただく際の階層・役割別教育フローをご提案いたします。

若手社員・中堅社員向け

DX推進において、現場の中核として取り組みを実行してもらうために必要な
基礎力(DX基礎知識、データ活用力、デザイン思考等)を身に着ける教育フローです。

管理職・DXリーダー向け

DX推進をリードする管理職は、DX戦略を理解した上で、自身でDXを進める実行力と
部下を育て活用する力を養う必要があります。その両方を実現するための教育フローです。

経営・役員層向け

経営層は、DXビジネスの動向を理解し、自社にあてはめ方針を作る力が必要になります。
知識インプットからロードマップ作成のアウトプットまで、JMAMが併走し支援するフローです。
humanicon02

サービスラインナップ

DX基礎知識から事業創出スキルまで、求められる知識・スキルに応じた学びのサービスをご提供しています。

DX/IT関連の基礎知識

通信教育
  • JMAMのDX教育_通信教育ゼロからわかるDXの基本

    ビジネスデジタルデザインの方法論を学ぶ

    通信教育ゼロからわかるDXの基本

    DX推進の目的、世界のDX推進状況などをわかりやすく解説。
    DX推進に参画できる人材になるために何をすべきかが 理解できます。

    対象者:全社員

研修
  • JMAMのDX教育_データ理解力基礎研修

    データから課題を発見する

    研修データ理解力基礎研修

    DXの根幹となるデータへの向き合い方を、事例と体験を通して学び
    実務でデータを利活用するとはどういうことか、ワークを通じてを理解を深めます。

    対象者:全社員  
    実施形態:オンライン限定

データ分析・活用

研修
  • JMAMのDX教育_DX基礎研修(データ利活用実践)

    経営方針を踏まえたDXの実現に向けて

    研修DX基礎研修(データ利活用実践)

    DXの基本的な考え方や用語を学ぶとともに、
    様々な事例をもとに自社で応用するための着眼点を身に着けます。

    対象者:全社員  
    実施形態:オンライン限定

研修
  • JMAMのDX教育_データサイエンス入門講座

    データサイエンスの基礎を理解する

    研修データサイエンス入門講座

    データサイエンスを実践するためのマインドセットと、
    実務に必要なスキルや知識を理解します。

    対象者: ITエンジニア・データ分析担当者  
    実施形態:オンライン限定

DXトレンド理解(DX方針・戦略のため)

講演
  • JMAMのDX教育_講演:DXという観点からみたあなたの業界の未来

    経営方針を踏まえたDXの実現に向けて

    講演DXという観点からみた
    あなたの業界の未来

    貴社業界のDX事例を通して、その重要性と業界影響、
    事業変革を成し遂げるまでのプロセスの描き方をお伝えいたします。

    対象者:役員層・事業企画者・管理職  
    実施形態:講演会形式(オンライン実施可能)

DX方針策定、事業創出、施策立案

研修
  • JMAMのDX教育_DXビジネスプランナー講座

    ビジネスデジタルデザインの方法論を学ぶ

    研修DXビジネスプランナー講座

    DXを手段として自社のビジネスに当てはめることができるようになります。
    フレームワークを用いてDXを具体的な施策に落としていきます。

    対象者:役員層・事業企画者・管理職  
    実施形態:対面型/オンライン型

研修
  • JMAMのDX教育_ DXプロジェクトプランニング講座

    DXを活用し、新しいサービス・
    オペレーションをつくりあげる

    研修DXプロジェクトプランニング講座

    DXの世界の動向とともに、貴社業界のDX事例について要素分解を行います。
    DXフレームワークの使い方とDX組織作りを行うプロセスを学びます。

    対象者:組織でDXをリードする方  
    実施形態:対面型/オンライン型

研修講師紹介

  • JMAMのDX研修講師の菅由紀子

    菅 由紀子

    Yukiko Kan

    株式会社Rejoui 代表取締役
    データサイエンティスト協会スキル定義委員、WiDS Ambassador、デジタル・イノベーション協会 設立理事、関西学院大学大学院経営戦略研究科 兼任講師 サイバーエージェント、ALBERTを経て、2016年Rejoui設立。DX推進支援、データ分析・利活用コンサルティング、データサイエンス教育事業などを展開。

  • JMAMのDX研修講師の久場純哉

    久場 純哉

    Junya Kuba

    マインドテック株式会社 代表取締役
    AI TOKYO LAB 営業企画部長
    サイバーエージェントでデジタルマーケティング子会社立ち上げに従事。プラットフォーム型のビジネス、ARアプリケーション、BIシステム企画開発の実績がある。2016年からAI TOKYO LABに参画し、企業へのAI導入に携わる傍ら、マインドテック株式会社を設立。

  • JMAMのDX研修講師の松田雄馬

    松田 雄馬

    Yuma Matsuda

    AI・脳科学研究者 博士(工学)
    株式会社オンギガンツ 代表取締役
    一橋大学大学院講師(非常勤)
    MITメディアラボ、ハチソンテレコム香港、東京大学、との共同研究を経て、東北大学との脳型コンピュータプロジェクトを立ち上げ、博士号を取得した後、独立。大手企業のDX推進・組織開発・人材育成を支援。

humanicon03

DX(デジタルトランス
フォーメーション)とは

そもそもDXの定義は?

DX(Digital Transformation)は、経済産業省の「DX推進ガイドライン」では以下のように定義されています。
“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること”
言い換えれば、デジタル技術を活用し会社を生まれ変わらせるような変化を目標とするための定義となります。
出典 : DX推進ガイドライン(経済産業省)

DXが注目される2つの理由

DXという言葉が注目される背景としては、「ビジネス市場の急激な変化」と「IT技術の加速度的な発展」の大きな2つの理由があります。これまでと同じやり方だと時代に取り残されてしまうという危機感や、新しいビジネスモデル創造の需要の高まりから、DXが大きく注目されています。

JMAMが考えるDXが注目される2つの理由

DX推進のポイント

DX推進がうまくいかない理由は?

JMAMは、日本企業のDXが進まない原因が「最初の一歩」を正しく踏み出せていないことにあると考えます。その一歩とは、技術の話ではありません。「方針」「組織」「個人」というビジネスの根幹になる3つの問題を解決することでDX推進は加速度的に進んでいくと考えています。

  • point

    方針の問題

    方針の問題
    具体的な施策に
    落とし込んでいない

    業界や会社を変えるなど大きな言葉で結びつくことが多いDX。

    DXで成し遂げたいことを明確にし、その目標からDXという言葉を使わず具体的な施策に落とし込むことが重要です。

  • point

    組織の問題

    組織の問題
    組織づくりが
    できていない

    DXを推進するためには組織づくりと役割決めが重要になります。

    自社が成し遂げたい目標に合わせ て組織や役割を考えていく必要があります。

  • point

    個人の問題

    個人の問題
    全従業員がDXを
    自分ごと化できていない

    多くの従業員は「自分は関係ない」「IT部門がすすめること」という認識でいます。

    DXを小さく終わらせないためには、全社員が当事者意識を持つことがDX推進の第一歩です。

DX推進を加速させるポイント

既に多くの会社がDX取り組んでいますが、成功事例はまだまだ少ない状況です。
その原因の1つは、 知識やスキル教育ばかりに目がいってしまい、DX推進を「自分ごと化」するための学びが少ないことだと考えます。
JMAMのDX人材育成支援サービスは、「知識とスキルの間にある谷を埋めるためのDXの自分ごと化するための学び」を提供します。

DX推進を加速させるポイント

課題に応じたDX教育のご提案や、カスタマイズなど


お気軽にご相談ください。