映像教材・教育教材

ワークサンプリング法シリーズ(全2巻)

テーマ ものづくり人材育成 / 人事・人材開発部門の強化
対象 技術・技能職
No. タイトル 対象 時間 価格 副教材 制作
265 糸巻き作業による観測演習
  • 製造現場第一線監督者
  • 職長
  • 班長
  • スタッフ
28分 45,000円
(税別)
  • 演習用マニュアル
1992
266 小物部品の加工作業による観測演習 28分 45,000円
(税別)

各タイトルの詳細

糸巻き作業による観測演習

瞬間観測のワーク・サンプリングの技法を机上で体得していただけます。

構成・内容

三色による観測演習

  • ランダムに組み合わせた青色・赤色・黄色の画面を観測、三色の発生比率を求める。

糸巻き作業による観測演習

  • 作業内容の説明
  • 要素作業の分割<完成品の糸処理/空ボビンの供給/手持ち/運行/歩行/打合わせ/伝票記入など>
  • 予備観測データの整理
  • 本観測とデータの整理
  • 各要素作業の構成比率の比較

特徴

  • 利益を生まないムダな時間を追放するワーク・サンプリング法を習得します。
  • この技法は、ある瞬間に対象とした作業担当者や設備が何をしていたかを観察し、事前に分類しておいた活動項目の該当する欄に記録、これを所定の回数繰り返したあと、各活動項目ごとに何回観測されたかその回数を集計し、全体の観測回数からその発生比率を求める観測法です。

商品

糸巻き作業による観測演習
商品番号 K-V265 映像時間 28分
タイトル 糸巻き作業による観測演習 価格 45,000円(税別)
対象者 製造現場第一線監督者・職長・班長・スタッフ 提供メディア DVD・VHS
※DVDはDVD-Rでのご提供となります
備考
  • 副教材: 演習用マニュアル
小物部品の加工作業による観測演習

簡単なワーク・サンプリングの技法が観測演習によって確実に身につきます。

構成・内容

三色による観測演習

  • ランダムに組み合わせた青色・赤色・黄色の画面を観測、三色の発生比率を求める。

小物部品の加工作業による観測演習

  • 作業内容の説明
  • 要素作業の分割<検査/部品供給/スイッチ操作/歩行/不在/切りくず処理/伝票記入/手ふき/空き箱移動など>
  • 予備観測データの整理
  • 本観測とデータの整理
  • 各要素作業の構成比率の比較

特徴

  • 作業担当者・設備の稼働時間のなかにある非生産的な活動内容の実態を明らかにし、改善の手掛かりをつかむワーク・サンプリングの技法を習得します。
  • まず、ランダムに組み合わせた青・赤・黄色の画面を観測し、三色の発生率を求め、観測の信頼性を理解します。
  • つぎに自動機を使って孔あけ加工の仕事をしている作業担当者を観測し、分割した各要素作業の発生比率を求め、改善の重点を理解します。

商品

小物部品の加工作業による観測演習
商品番号 K-V266 映像時間 28分
タイトル 小物部品の加工作業による観測演習 価格 45,000円(税別)
対象者 製造現場第一線監督者・職長・班長・スタッフ 提供メディア DVD・VHS
※DVDはDVD-Rでのご提供となります
備考
  • 副教材: 演習用マニュアル

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら

このテーマ・課題に関連する事例

  • 株式会社村上開明堂:プロフィール画像

    通信教育

    株式会社村上開明堂

    【JMAM通信教育優秀企業賞:2013】多彩なテーマがそろう通信教育で自ら学び、行動できる“人財”を育成

    テーマ グローバル人材育成/ ものづくり人材育成/ 学習する風土づくり
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員/ 新人・若手社員 / 技術・技能職
  • 株式会社ミツハシ:プロフィール画像

    通信教育

    株式会社ミツハシ

    生産マイスターを活用し共通言語をもつ”強い生産集団”をつくる

    テーマ ものづくり人材育成/ 強い管理者の育成/ 中堅社員の育成 / 若手社員の育成
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員/ 新人・若手社員 / 技術・技能職
  • 株式会社富士精工:プロフィール画像

    通信教育

    株式会社富士精工

    技術やスキルの底上げによる共通言語づくりとモチベーション向上に生産マイスターを活用

    テーマ ものづくり人材育成/ 強い管理者の育成/ 中堅社員の育成 / 若手社員の育成
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員/ 新人・若手社員 / 技術・技能職