集合研修

マネジメント・ダイアローグ研修

管理者が部下一人ひとりに
寄り添う対話をすることで、
部下と組織、双方の成長をめざす。

部下との対話をつうじて、「心理的安全性」を高め、「組織適応性」を考慮することで、相互理解を深めて、仕事に対する主体性を引き出します。

研修対象者 管理者を中心として、メンバーの成長に対話を活用したい方
カリキュラム 1日間
最適定員 20名

  • プログラム
  • ねらい
  • 特長
  • お問い合わせ

プログラム

午前
1.オリエンテーション

2.対話の意味を知る

3.対話の留意点を理解する

4.部下の状態を見極める
午後
4.部下の状態を見極める(続き)

5.対話のスキルを体験する

6.状態別の対話方法を知る
  •  Ⅰ.沈黙・保留状態
  •  Ⅱ.開放状態
  •  Ⅲ.挑戦状態
  •  Ⅳ.状態の見直し
  •  Ⅴ.ロールプレイング

7.宣言(今後の対話で注意すること)
お問い合わせはこちら

ねらい

効果的な対話を行うためのスキルを身につけ、チャレンジするチームをつくる

特長

  1. 心理的安全性を高める
    部下との関係性による対人リスク(無知・無能だと思われる不安)を下げる
  2. 組織適応性を高める
    部下の成長と組織の成長の方向性を合わせていく(インクルージョン)
  3. 成長について考える
    部下の成長を共に見て考えることでポジティブなものの見方・考え方を身につける

他にこんなコースもおすすめ

お問い合わせはこちら

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら