DIOA
オンライン
公開セミナー

対話を通じて部下と組織、双方の成長をめざす

マネジメント・ダイアローグコース

  • オンライン型

管理者が部下一人ひとりに寄り添う対話を通じて「心理的安全性」を高めるとともに、相互理解を深めながら「組織適応性」を高めることで、仕事に対する主体性を引き出します。

>1社単独開催の企業研修版はこちら

1名様からご参加いただけます
本コースは【オンライン型】セミナーです。
対象者
管理者を中心として、メンバーの成長に対話を活用したい方
日数
1日間(9:30~17:30)
テーマ
課長クラス/マネジメントスキル
定員
24名
実施形態
オンライン型
参加料
66,000円/名(税込)

目的・ゴール

学習の目的

効果的な対話を行うためのスキルを身につけ、チャレンジするチームをつくります。

学習のゴール

・部下が成長できる環境づくりとしての対話ができる
・管理者のセーフティネットとしての対話ができる

特長

部下が成長できる環境づくりとしての対話

さまざまな理由で悩んでいる部下に、管理者が適切な対話をつうじて意識と態度を転換し、成長を実感する環境をつくります。

管理者のセーフティネットとしての対話

複雑な経営環境のなかで、管理者のマネジメントリスクが増大しています。 対話をつうじて部下とのつながりを強めることが、管理者のセーフティネットとなります。

プログラム
開催日程
1日目 ■オリエンテーション

■対話の意味を理解する
・対話とは
・対話の目的とメリット
・管理者にとっての対話

■部下の状態を把握する
・部下のことを知っているか
・部下の状態をつかむ&状態別の対話
・部下の状態を見極める(ゲーム演習)

■対話の基本スキル
・質問・非言語・ストローク

■状態別の対話を経験する(シナリオ・ロールプレイング)
Ⅰ 沈黙・保留状態
Ⅱ 開放状態
Ⅲ 挑戦状態
・状態別対話のコツと型

■自分の対話シミュレーションをつくる

■MY DIALOGUEを宣言する

※内容は一部変更になる場合があります

学習イメージ

Zoom上のグループ学習イメージ

■研修の進めかたについて
実際の研修会場をオンライン上で設定します。
参加者は講義を聴くことに加え、チャット機能を使って感想や意見を随時発信することができます。
また、コースによっては、ZOOM上で設定したグループに分かれて意見交換を行う場合もあります。この場合、講師は適宜グループ討議に介入し意見交換を促進させます。

■学習環境について
Web会議システム「Zoom」を利用できるカメラ・マイク付パソコン
(タブレット・スマートフォンでは、機能・操作が制限される場合があります。)
※講師側の設定はパソコンとなっております。なるべくパソコンからのご参加をお願いいたします。

Zoomに関して詳しく知りたい方はこちら
自社内での開催やその他のお問い合わせはこちら

お申し込みについて

お申し込みの締切は各開催日の35営業日前となります(締め切り日前にお申し込みを締め切る場合がございます)。

ページ上部へ戻る