接地抵抗測定コース

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / ものづくり人材育成
  • / 中堅社員の育成
対象
  • 新人・若手社員
  • / 中堅社員
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

初心者の保全員やメンテナンスのフィールドサービスでも確実に「接地抵抗測定」が行えるよう、接地抵抗の意味や測定原理、状況に応じた測定方法など、実務に即した内容を習得できるコースです。CGと映像を用い、接地抵抗の測定原理から接地抵抗計、測定回路や測定の手順まで、わかりやすく解説します。状況に応じた測定方法や接地抵抗の規定値なども取り上げており、測定前の事前学習としてもご利用いただけます。

対象者 電気設備の保全員、管理者、設備メンテナンスのフィールドサービス、電気実務者
想定学習時間 1時間
最短実行時間 30分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

「接地抵抗測定」を初心者でも正しく確実におこなえるように、接地抵抗の意味、測定原理や状況に応じた測定方法など、実務に即した内容を習得できます。
音声がなく、画面に表示される文字と画像を読むことで学習を進めるタイプのコースです。思考を中断することなく自分のペースで学習を進めていくことができます。
目に見えない電気の流れや測定の原理はコンピュータグラフィックスを、測定の手順など実際の作業は映像をもちいて、わかりやすく解説しています。
一般的な測定方法だけでなく、状況に応じた測定方法や接地抵抗の既定値なども取り上げており、測定前の事前学習にもご利用いただけます。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
タイトル
第1単位
  • 学習の進め方
  • 001 学習の進め方
  • 002 このコースの特徴
  • 第一章 接地抵抗の測定原理
  • 101 接地
  • 102 接地抵抗
  • 103 抵抗区域
  • 104 接地抵抗の測定原理(電位降下法)
  • 第二章 接地抵抗計と測定回路
  • 201 電圧計・電流計による接地抵抗測定
  • 202 電位差計式接地抵抗計
  • 203 電圧降下式接地抵抗計(定電流式)
  • 204 二極法
  • 205 補助極の設置
  • 206 補助極を打ち込めない場合の処置
  • 第三章 測定の手順
  • 301 測定の手順
  • 302 手順1:電池確認
  • 303 手順2:補助極の打ち込み
  • 304 手順3:リード線の接続
  • 305 手順4:地電圧のチェック
  • 306 手順5:接地抵抗の計測
  • 307 手順6:測定値の記録
  • 308 定期的な校正
  • 309 測定結果の判定と傾向管理
  • 310 B種接地工事の接地抵抗値
  • 311 C種接地工事の接地抵抗値
  • 312 D種接地工事の接地抵抗値
  • 第1単位修了レポート

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    これまで、大まかな知識のみで測定を行っていたため、今回の受講で原理を理解することができました。

  • 受講者の声2

    感電災害などは会社で起る可能性がある為、基礎知識を学ぶことが出来てよかったです。

  • 受講者の声3

    接地の大切さを知ることができたので異常があったときの対応がわかった。

  • 受講者の声4

    今までただ測定していただけでしたが、原理がよくわかりました。

  • 受講者の声5

    測定手順を一から説明してあり、さらに問題があったときの対処法などしっかりと書いてあることで、接地抵抗を測定時にどのような問題が起きるのかというイメージができやすかった。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

コースの改訂情報 改訂情報

Revision information

<改訂情報 2016年6月9日>
教材内容を以下の通り改訂いたしました。

【該当項目】
103 抵抗区域
【更新内容】
例示「5倍離れた時の接地抵抗の値」
正:0.04R[Ω] 誤:0.25R[Ω]
▼もっと見る