集合研修

部下指導力向上コース

テーマ 強い管理者の育成
対象 管理者

部下との信頼関係を変えるのは日常の行動から。多様な部下との関わり方を研究し、部下育成に自信をもつ。

部下とのコミュニケーションスキル向上に留まらず、管理者として部下との信頼関係づくりに向き合います。多彩な演習を通して対応の引き出しを増やしながら、経験不足を補い、関わり方に自信がもてるきっかけを作ります。

研修対象者 部下の成長を支援する指導力を身につけることが求められている方

  • プログラム
  • ねらい
  • 特長
  • お問い合わせ

プログラム

事前課題
・「部下とのかかわり状況2週間」の記入
1日目
午前
★オリエンテーション
■自己紹介(現状の表出)

1.なぜ今部下育成か?
■管理者の使命・役割
■人づくりの重要性

2.部下育成の基本構造
■部下育成の基本構造
■信頼
・自他評価と課題意識
午後
3.指導の基本スキル
■指導の基本プロセス(共感・関係構築・反応⇒判断⇒指導)

■関係構築・共感するとは
講義

■判断の視点

■観方、観察の仕方
・部下の口癖・態度、仕事の進め方の特徴、人間関係

■聴き方
・聴き方の基本
・ペーシング
・指導を促す4つの質問
2日目
午前
★オリエンテーション

3.指導の基本スキル(つづき)
■問い方
・内容を掘り下げるポイント(省略・歪曲)
・具体的にする・明らかにする

■教え方
講義

■褒め方
・褒め方のバリエーションを持つ

■叱り方
・効果的なフィードバックを学ぶ
(ペア演習、グループ討議を多用)
午後
4.部下指導の実践
■ロールプレイング(1)
部下別・状況別ケース

■ロールプレイング(2)
職場の実際の部下で

5.チーム活性化の視点を得る

★行動を習慣化するために
お問い合わせはこちら

ねらい

管理者にとって部下育成の原点は、信頼関係が築けていることです。このプログラムでは、特に部下との信頼関係の構築に焦点を当て、どのような日々の関わり方が有効かを考え、現場で活用できるように指導力を磨いていきます。

特長

  • 1.育成の原点である信頼構築に向き合う
    部下との指導には「信頼」が欠かせないことを認識し、信頼を築くことに向き合います
  • 2.日々の言動を記録し特徴を知ることで改善点を明らかにする
    研修前に日々の関わり状況を記録し、自分の部下指導の傾向を把握します。自己流・短絡的ではなく、部下に合った指導ができるようになるための改善点を明らかにします
  • 3.経験不足を補うために対応の引き出しを増やす
    関わりの質を高めるとともに、実際の経験や実感、取り組みを参加者同士が共有することで、対応の引き出しを増やします
  • 4.部下別・状況別に判断時に役立つ視点を押さえる
    最近の事業環境を配慮し、対応に困る部下に焦点をあてながら、部下別・状況別の受け止め方の違いや判断時に役立つ視点、対応のポイントを押さえます
  • 5.研修後の成果が見えるようにし、定着へつなげる
    新たな行動の習慣化、定着化をはかるツールを使います

他にこんなコースもおすすめ

お問い合わせはこちら

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら

このテーマ・課題に関連する事例

  • クラリオン株式会社:プロフィール画像

    eラーニングライブラリ

    クラリオン株式会社

    部門教育から全社展開し、海外駐在員教育へも用途拡大 ~クラリオン株式会社

    テーマ 学習する風土づくり/ ビジネススキル・知識の習得/ グローバル人材育成 / 強い管理者の育成
    対象 新人・若手社員/ 中堅社員/ 管理者
  • 公開セミナー(JMAMビジネスカレッジ)

    株式会社博報堂DYアイ・オー

    障害がある社員のリーダー育成に公開セミナーを活用~株式会社博報堂DYアイ・オー

    テーマ 強い管理者の育成
    対象 その他
  • 日本シイエムケイ株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    日本シイエムケイ株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.7

    テーマ 強い管理者の育成
    対象 管理者