研修

行動と疑似体験をつうじ管理者観を打ち立てる

新・実力管理者研修

  • 対面型
  • オンライン型

管理職としてのブレないマネジメント軸をつくるコースです。
通信教育「新・実力管理者コース」で学習した管理職の役割や原理原則を、ケーススタディで疑似体験していきます。

まずはお気軽にご相談ください
対象者
新任管理者およびその候補者
日数
2日間
テーマ
課長クラス
最適定員
20名
実施形態
対面型/オンライン型
コード
SMDC

概要

管理者の役割を疑似体験することで、自己の管理者としての軸をつくる

自分の考えを人を動かして実現する”管理者になるために、通信教育等で学習した内容を、1つのストーリーになったケーススタディで疑似体験していきます。

特長

管理者の役割と具体的なマネジメント行動を学ぶ

通信教育「新・実力管理者コース」では、実践に役立つ管理者の正しい役割や原理原則(定石)を学び、研修では実際に体験し、その体験を振り返ることに重点を置いています。
教材の詳細はこちら

ケーススタディからマネジメント行動を振り返り、成長課題を整理する

体験ごとに参加者相互にアドバイス・フィードバックの機会を設け、新任管理者同士の切磋琢磨、横のつながりを促進します。

プログラム
事前課題 通信教育「新・実力管理者コース」(※)ラーニングノートの学習
(または、研修専用テキストの熟読)
1日目 ■オリエンテーション

■管理者の基本を理解する
演習「さわやか乳業」有吉課長の悩み
解説管理者としての視点

■体験①:自分の考えをもつ
「有吉課長の方針、目標の設定」
「部下への方針説明」
体験の振り返り、金言づくり①

■体験②:自分の考えをもち、人を動かす
「対話準備 (合意形成・動機づけ)」
「有吉課長による対話」ロールプレイ練習、本番
体験の振り返り、金言づくり②
2日目 ■1日目の振り返り
ミニ演習 「動かす」のが難しい人
一言アドバイス 振り返り

■体験③:自分の考えを人を動かして実現する
「有吉課長の目標・計画・進捗」
「有吉課長の問題把握・対策立案」
「実現に向けた問題と対策 部下への説明」
体験の振り返り、金言づくり③

■マネジメント軸をつくる
演習「管理者への4つの問いかけ」
演習「私がなりたい管理者」
自己宣言と相互アドバイス

■まとめ

通信教育「新・実力管理者コース」とは
「7つの能力」を体系的・実践的に学習でき、ケース中心の設問で考える力、実践力を養成します。
テキスト学習からレポート提出・添削まで完全Web対応しているので、海外勤務環境でも学習可能です。

ページ上部へ戻る