研修

職場を巻き込んで指導できる人材へ

OJTリーダー研修

  • 対面型
  • オンライン型

OJTリーダーとして、自信をもって後輩を指導できる知識・スキルを身につけるための合計3日間のコースです。
アセスメントも活用し、信頼づくりから叱り方まで状況に応じた適切な指導力を身につけます。

まずはお気軽にご相談ください
対象者
OJTの基本を正しく習得したい方
日数
2日間+1日間
テーマ
中堅・リーダークラス
最適定員
20名
実施形態
対面型/オンライン型は要相談
コード
OJT

ねらい

1.OJTの目的と意義を知る
2.OJTリーダーとして備えたいスキルを習得する
3.後輩の特性にあわせた指導の方法を学ぶ
4.育成計画書作成の要点を理解する
5.指導者としての不安を解消する

特長

実践力を高める

周囲からの期待の認識、エゴグラムによる自己認知とコミュニケーション上の留意点の把握、OJT対象者タイプ別ケースを用いた事例研究などを行い、OJTリーダーとしての実践力を高めます。

サポートブックの活用

「上司向けサポートブック」を活用し、OJTをする側、される側だけの関係から、上司と同僚を巻き込んだ、職場ぐるみで人を育てる組織をめざします。

プログラム
事前課題 ・上司・指導する後輩へのインタビュー(「育成計画表」の記入)
・「TAS診断」の回答
1日目 ■オリエンテーション

■OJTの意義とOJTリーダーへの期待
・[演習]OJTの意義とOJTリーダーに期待されること
・[講義]育成のしくみとOJT

■OJTリーダーとして備えたいこと
・[演習]良い指導、困った指導の体験交流
・[講義]OJTリーダーの役割

■OJTリーダーとしての基盤技術—後輩との関係をつくる
・[講義]OJTリーダーとしての関係構築
・[講義]日常コミュニケーションを密にする
・「TAS診断」(エゴグラム)のフィードバック

■育成・指導スキルを磨く—後輩を育てる技術をもつ
・[講義]仕事の伝え方の基本
・[講義]習得に向けて動機づける
2日目 ・[講義]相談に乗る、褒め方、叱り方、行動を改善させる

■事例研究
・[演習]対応に困るOJT対象者への対処方法を検討する

■育成計画を立てる
・[演習]育成計画の重要性
・[演習]育成計画表をつくる
・[演習]OJTリーダーの不安に解答をだす

【職場実践】「上司向けサポートブック」を活用したOJTの実践
3日目 【フォロー研修】※職場実践期間を経ての開催となります。

■オリエンテーション

■実践を振り返ろう
・グループ内交流、全体共有

■あなたへのメッセージ
・個人研究、グループ内交流

■より確実な後輩指導に向けて
・OJTワンポイントマニュアルをつくろう

■まとめ
1名から参加できる同テーマ
の公開セミナーはこちら
OJTリーダーコース(オンライン版)
ページ上部へ戻る