DIV

柔軟な思考を身につけ、多様な人材をマネジメントする

多様化する部下に対応するマネジメントコース

テーマ

ダイバーシティ・インクルージョン / 課長クラス

「違い」を認め、多様化する人材に適応する

多様な人材をマネジメントするための柔軟な思考と、指導スキルを身につけます。多様性に対する管理者の安定した土台をつくるコースです。

対象者
管理者、およびその候補者
日数
2日間
最適定員
18名
実施形態
オンライン実施についてはご相談ください

ねらい

多様な人材をマネジメントするための柔軟な思考を身につけ、部下を成長させるための知識と技術を習得します。
※本コースは「コミュニケーションを良くする3つのスキルコース」の指導職版です。

特長

多様性へのマインドセット

グローバル時代のマネジメントに必要な基本姿勢とコミュニケーションスキルを習得します。
部下への対応について考えることを通して、自分自身を見つめ直し多様性へのマインドセットを行います。

プログラム
事前課題 ・「あなたが指導の難しさを感じる部下とは」の検討
1日目 ■オリエンテーション

■多様な人材を活用する必要性の理解
・現場で指導が難しいと感じる部下の共有化
・困難さを感じる背景要素を探る
・多様化する人材を積極的に活用するために <レクチャー・グループワーク>

■多様な人材に対する適応力の理解
・多様な部下がストレスとなるとき
・「個の違い」のメカニズムを学ぶ
・困難さとの基本的付き合い方 <レクチャー・グループワーク>

■多様な人材を活用するための土台をつくる
・交流分析による多様性への弱点把握(TEGⅡ)
−多様な部下を指導するうえでの弱点把握
−多様な人材を活用するための改善方法把握
・柔軟化トレーニング
−「個の違い」に対する適応力を強化する
・認知修正スキルトレーニング
−部下に困難さを感じたときの適応力を強化する<レクチャー・実習・グループワーク>

■質疑応答・終了
※宿題 2日目の研修中のワークで使用する題材の課題提示

2日目 ■1日目の振り返り

■多様な部下を尊重するスキル
・部下のモチベーションメカニズム
・「個の違い」を尊重するコミュニケーションスキル
−認知修正された傾聴スキルのトレーニング
・多様な部下への指導がうまくいく前提条件 <レクチャー・実習>

■多様な部下の主体性を引き出すスキル
・コーチングスキルの有効性を学ぶ
・認知修正されたコーチングスキルのトレーニング <レクチャー・実習>

■多様な部下をうまく指導・注意するスキル
・分かりやすく、相手が納得しやすい伝え方とは
・勝ち負けを想定しない人間関係
・アサーションスキルの理解
・相手が受け入れる指導・注意の仕方とは
−認知修正されたアサーションスキルのトレーニング <レクチャー・実習>

■多様な部下を振り返る
・今後の多様な部下へのかかわり方について
・多様な部下への自分自身の課題把握 <グループワーク>

■質疑応答 終了

※オプションで「メンタルヘルス」「パワーハラスメント」「セクシュアルハラスメント」(各1日)を加えた3日コースにすることも可能です。

お客様の声

  • 自分が部下に対して感じている感情が、こんなに指導に影響していたとは思わなかった

  • 今までも傾聴スキルやエゴグラムを学んだことがあったが、今回が一番良く分かった。
    部下とのかかわり方が少し楽になるかも

ページ上部へ戻る