配管補修コース(下)

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / ものづくり人材育成
対象
  • リーダー・監督者
  • / 中堅社員
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

若手の早期育成やベテラン不在による設備管理に役立つ配管補修に関する知識を身につけます。

対象者 生産現場(工場)の新人・中堅保全員、オペレータ、現場の作業者・監督者・管理者
想定学習時間 3時間
最短実行時間 62分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

プラント内に張り巡らされた膨大な長さの配管。その実践的な配管管理の進め方と、配管検査、配管補修の方法について習得できます。
配管トラブルの重大さを知り、効果的かつ最適な配管管理を行い補習していくための管理技術を理解します。
CGアニメーション、ナレーション、実写映像を組み合わせ、臨場感をもって解説しています。
ところどころインタラクション(対話形式)を設け、自分のペースに合わせながら学習を進めることができます。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習の前に
  • 学習開始にあたってと学習資料集
  • 学習内容のアウトライン
第3章 リークした時の応急補修
  • 301リークの発見~運転停止継続判断
  • 302 現場調査~恒久対策
  • 303 リーク流体・形態からの危険予知
  • 304 溶接囲い工法
  • 305 当て板溶接工法
  • 306 コンパウンド注入工法
  • 307 コーキング工法
  • 308 バンド巻き工法
  • 309 冷間溶接工法
  • 310 配管圧潰工法
レポート問題
  • レポート問題
コースエンディング
  • コースエンディング

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    特化した内容で詳しく丁寧に解説されていたため、よく理解できました。

  • 受講者の声2

    異常を発見してからの行動など、実際の現場での優先事項を確認することができました。

  • 受講者の声3

    主にピンホールの補修を学び、仕事に活かせる知識をつけることができた。

  • 受講者の声4

    現場でどのような工程【段取り】を組むか等考える判断基準になった。

  • 受講者の声5

    現場に多くの配管があり実際に役立ちそう。

  • 受講者の声6

    知識として業務に活かせそうな内容だった。

  • 受講者の声7

    配管の点検の重要性を再認識した。

  • 受講者の声8

    配管リークに対しての正しい処置が行えます。

  • 受講者の声9

    配管補修を行うが、今までクランプ補修しかしていなかったので、補修法の提案幅が広がった。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 このコースを活用している企業事例

Company case

サムネイル:事例紹介 JFE ケミカル株式会社

事例紹介 JFE ケミカル株式会社

技能伝承、安全教育をライブラリで強化 ~JFE ケミカル株式会社

サムネイル:事例紹介 関西熱化学株式会社

事例紹介 関西熱化学株式会社

4年間ライブラリを継続し基本を徹底して身につける ~関西熱化学株式会社

その他

Other information

協力

旭化成工業