QC

QC手法を習得し、自職場の問題解決を図る

QC基本研修

テーマ

ものづくり人材 / 中堅・リーダークラス

QCの基本知識と手法を実践的に身につける

QC7つ道具に1つ加えた8の基本手法(統計的考え方・チェックシート・グラフ・パレート図・特性要因図・ヒストグラム・散布図・管理図)を学習し、データをもとに判断するための能力を身につけます。
QC手法による問題解決の手順を学び、職場への適用を考えることでより実践的な知識として習得します。

対象者
若手~監督者の方
日数
2日間
最適定員
20名

ねらい

1.品質管理の必要性、機能と役割を理解する
2.品質保証と検査の関係を学ぶ
3.管理(PDCA)のサイクルと管理項目、事実による管理の重要性とポイントを学ぶ
4.品質管理の基本手法を講義と演習を通して習得する
5. QC手法による問題解決の手順を学び、職場への適用を考えることでより実践的な知識として習得する

特長

実践と参画を重視

QCの基本知識を講義・演習で確認し、更に現場への展開を考えることで、より確かな、より実践的な知識として身に付ける「実践型&参画型」研修です。

プログラム
1日目 ■オリエンテーション

■品質管理はなぜ必要か
・品質管理とは
・品質管理の役割と機能

■品質保証と検査

■品質管理の基本
・管理(PDCA)のサイクルと管理項目
・事実による管理
・データと層別に基づく管理

■[演習]現場の管理項目と管理の現状を整理
・個人研究→グループ研究→発表

■[演習]品質管理の基本的手法(QC手法)
・よく使われる基本的手法
・統計的考え方
・チェックシート
・グラフ
2日目 ■1日目の振り返り

■[演習]品質管理の基本的手法(続き)
・パレート図
・特性要因図
・ヒストグラム
・散布図
・管理図

■QC手法による問題解決の手順
・QC的問題解決法
・問題解決の手順とポイント

■[演習]職場の問題解決への適用を考える
・個人研究→グループ研究→発表

■まとめ
ページ上部へ戻る