研修

個人能力を底上げし、現場の生産性向上を図る

IE基本研修

  • 対面型

生産性向上の主要技術であるIEの技術を体得するコースです。IEの基本的な考え方、作業測定、方法研究、ロス分析の各分析評価技術を、講義、机上演習、映像実習などの多様なプログラムにより、改善スキルとして理解し体得します。

まずはお気軽にご相談ください
対象者
IEの基本を身につけることが必要な方
日数
2日間
テーマ
ものづくり人材 / 中堅・リーダークラス
最適定員
20名
実施形態
対面型
コード
IE

ねらい

1.モノづくりの6つの管理項目(安全、モラール、生産性、品質、コスト、納期)の重要性とポイントを理解する
2.生産性の尺度、生産性向上の3つの領域について学び、生産性向上の基本的な考え方を理解する
3.作業測定(タイムスタディー、稼動分析)、方法研究(工程分析、連合作業分析、動作分析)、ロス分析(設備のロス分析)の各分析評価技術を講義と演習・実習を通して理解する

期待成果

1.IEを活用した生産性向上の考え方を身につける。
2.仕事のロスに対する感度を上げ、改善意識を高める。

特長

IEの基本的な考え方を習得

生産性向上の主要技術である「IE」の基本的な考え方、作業測定、方法研究、ロス分析の各分析評価技術を、講義、机上演習、ビデオ演習などの変化に富んだプログラム編成により、改善スキルとして理解し、体得できる研修です。

IEとは

生産性の向上を目的に、「人、物、設備」の有機的な(効率的な)組合せを設計、改善、実施する技術です。

プログラム
1日目 ■オリエンテーション

■「ものづくり」の基本
・「ものづくり」とは ・6つの管理項目

■生産性向上の基本的な考え方
・生産性の尺度 ・生産性向上の3つの領域

■工程分析
・工程分析とは ・[演習]工程分析
<個人研究、グループ研究、解説>

■稼動分析
・稼動分析とは ・ワークサンプリング法とは
・[演習]ワークサンプリング
<映像実習>
<個人研究、クラス研究、討議>

■時間研究(タイムスタディ)
・タイムスタディとは
・[演習]タイムスタディ <実演者を分析実習>
<個人研究、クラス研究、解説>
2日目 ■1日目の振り返り

■連合作業分析
・連合作業分析とは ・[演習]連合作業分析 <個人研究、グループ研究、解説>

■設備のロス分析
・設備のロス分析とは ・[演習]ロス分析 <個人研究、グループ研究、解説>

■方法改善の手順と改善原則
・改善の必要性と目的 ・改善の基本手順 ・[演習]方法改善 <グループ研究、発表、討議>

■自職場の改善に向けて
・[演習]IE手法の適用検討 <グループ研究、発表、討議>

■まとめ

ページ上部へ戻る