研修

現場の問題解決手法を体得する

初級監督者研修

  • 対面型
  • オンライン型

生産現場の初級監督者としての役割を強く認識し、その役割を遂行するうえで必要な考え方やスキルを、グループ討議や実習を通して体得します。職場の問題解決、リーダーシップ、部下指導の手法を学び、職場実践へ導きます。

まずはお気軽にご相談ください
対象者
初級監督者(班長、チームリーダー)の方
日数
3日間
テーマ
ものづくり人材 / 中堅・リーダークラス
最適定員
20名
実施形態
対面型/オンライン型
コード
KT3

ねらい

1.初級監督者としての役割を強く認識する
2.職場の問題解決スキルを体得する
3.初級監督者としての心構えを学び、役割遂行に必要な考え方、スキルを習得する

特長

「初級監督者として存在価値のある人材、しつけができる人材、考えることができる人材+監督者としての覚悟をもった人材」になるための気づき・スキル・力を習得します。

プログラム
1日目 ■オリエンテーション

■初級監督者の役割
[講義]初級監督者の役割、ものづくりの6つの管理項目
[個人研究]自分への期待を考える、上司からの期待
[グループ研究]役割について、討議&整理、発表・質疑

■職場の問題解決
[講義]問題解決の基本 [グループ研究]職場の問題の整理
<グループ内共有化→グループ検討テーマの選定→発表・質疑>
2日目 ■1日目の振り返り

[グループ研究]なぜなぜ分析
−検討テーマについて、なぜなぜ分析
−なぜ←→だから、を検証
−発表・質疑
[ブレインストーミング実習] [グループ研究]対策立案
−発表・質疑
−振り返り

■リーダーシップ
[講義]リーダーシップとは、日常管理のリーダーシップ
[個人研究]リーダーシップのとり方について
[グループ研究]個人研究をふまえて討議
3日目 ■2日目までの振り返り

■リーダーシップ(続き)
−発表・質疑

■部下指導
[講義]指導と育成、動機づけ [個人研究]やる気の源泉抽出
[グループ研究]とりたい行動、気づき整理
−発表・質疑
[講義]信頼関係とコミュニケーション [実習]コミュニケーション実習

■3日間の振り返り
・個人研究、グループ研究、発表・質疑

■実践行動計画の作成
・職場での実践に向けて、研修振り返り、および挑戦目標計画作成
・個人作成後、ペアで相互確認、アドバイス ・全員発表

■まとめ
ページ上部へ戻る