JMAM

個人学習と研修で
人材育成を支援する

商品・サービスを探す

HTML5対応 実践!「やる気」アップ15のスイッチ

コースの概要 eラーニングライブラリ実践!「やる気」アップ15のスイッチの概要

Course oveview

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • 若手社員の育成
  • 中堅社員の育成
  • ビジネススキル・知識の習得
対象
  • 新人・若手社員
  • 中堅社員

さまざまなダメージを「やる気」に変えるコツを学びます。

対象者 ビジネスパーソン全般、特に若手中堅社員
想定学習時間 2時間
最短実行時間 33分
監修者
鈴木 丈織(すずき じょうじ) 株式会社ビジネスラポール 代表取締役
アメリカUCユニオン大学で心理学博士号、セントトーマス大学にて医学博士号を取得。ストレスマネジメントを中心に、企業力メールカウンセリングシステムを確立し、数多くの大手企業で指導を行っている。
コース ビジネススキル/ヒューマンスキル

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

日々仕事のなかでは、小さなアクシデントから大きなトラブルまで、実にさまざまなダメージを受ける場面があります。これらを受けて疲弊するか、より前向きにがんばっていけるかは、トレーニングや鍛錬をしているかどうかによるものではありません。心理学に裏づけされたスイッチ=ボリション・スイッチ(Volition Switch:”意志”のスイッチ)を知っているかどうかにかかっています。

 本コースでは、 「要求的」「否定的」「義務的」な心を、「期待」「達成」「充足」の心に変えて「やる気」をもって仕事に取り組んでいただくために、ダメージを受ける心理と「やる気」をもった状態の特徴を理解したうえで、自分自身で「やる気」アップするコツを学びます。

注)他者に「やる気を出すきっかけ」を与えられるモチベーション(動機づけ)ではなく、あくまでも自ら「やる気アップ」に取り組んでいただくことをねらいとしています。

自分自身の心理状態について理解を深めます。
「やる気」を出すためのポイントを、状況別に実践的に学びます。
やる気分析を行い、よりよい仕事をしていくためのコツをつかみます。

カリキュラム eラーニングライブラリ実践!「やる気」アップ15のスイッチのカリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習のガイダンスと学習資料集
プロローグ 「やる気」アップのためのスイッチとは
  • 0-1 「仕事ダメージ」を「やる気」に変える
第1章 その心理がストレスを呼び込んでいる
  • 1-1 仕事ダメージをストレスにするのは自分自身
  • 1-2 マイナス感情をプラス感情に変える その1 心理1~4
  • 1-3 マイナス感情をプラス感情に変える その2 心理5~7
第2章 「やる気」のもつ3つの特徴
  • 2-1 〈特徴1〉“取っかかり”と“段取り”
  • 2-2 特徴2 “自発性”と“帰属意識”
  • 2-3 特徴3 “前進意識”
第3章 「やる気」アップ15のスイッチを入れる
  • 3-1 人間関係スイッチ① 理不尽な指示をする上司
  • 3-2 人間関係スイッチ② 無理難題を並べる得意先
  • 3-3 人間関係スイッチ③ 相性の悪い職場メンバー
  • 3-4 人間関係スイッチ④ 連帯感の希薄な職場メンバー
  • 3-5 仕事スイッチ⑤ 仕事に追われていると感じるとき
  • 3-6 仕事スイッチ⑥ 仕事がわからず焦りを感じるとき
  • 3-7 仕事スイッチ⑦ うまくいかずに悩むとき
  • 3-8 仕事スイッチ⑧ 相手の話が理解できないとき
  • 3-9 仕事スイッチ⑨ 新しい仕事が不安なとき
  • 3-10 仕事スイッチ⑩ 希望の業務に就けないとき
  • 3-11 仕事スイッチ⑪ 比較されることにうんざりするとき
  • 3-12 仕事スイッチ⑫ 評価してもらえないとき
  • 3-13 職場環境スイッチ⑬ 職場の空気になじめないとき
  • 3-14 職場環境スイッチ⑭ 縄張り意識のために失敗するとき
  • 3-15 職場環境スイッチ⑮ 会議に意義を感じないとき
エピローグ 仕事タイプからみた「やる気」分析
  • 4-1 セルフチェック:仕事の「やる気」4タイプ
レポート問題
学習の振り返り
  • さらなるステップアップを目指して

受講者の声 eラーニングライブラリ実践!「やる気」アップ15のスイッチの受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    「気の持ちよう」「受け止め方の問題」と片づけることは容易であるが、具体的にどのように受け止め、心構えを作っていくか丁寧に述べられていてよかった。

  • 受講者の声2

    受講内容も重要なことが取り組みやすくまとめられていてよかった。何より受講して元気が出る。

  • 受講者の声3

    いかなる状況においても自分を律するための指針にすることができる内容であった。

  • 受講者の声4

    いくつも具体的な例が示されていて参考にしやすかったです。

  • 受講者の声5

    これまで自分のやることに自信が持てず、何事にもマイナス感情を抱きがちであったが、それの及ぼす影響について具体的に学ぶことができた。

  • 受講者の声6

    これまで学んだことが整理できた。また、やる気というものが因数分解され、より論理的にとらえることができるようになった。

  • 受講者の声7

    これまでやったことのない業務にストレスを感じていたが、受講して様々な事例を見ていくなかで、これをヒントにプラスに考える癖をつけてみたいと感じるようになった。

  • 受講者の声8

    やる気というのは気持ちの問題で、受ける案件によって気持ちも浮き沈みしがちだったが、今回の講習によって物事の捉え方や、それをどうやる気に変えるかという方法を学べたので自分にとってプラスになりました。

  • 受講者の声9

    やる気の特性を理解することができたので、今後自分がやる気がなくなった際はどのような行動をすればよいか具体的にわかり、今後に生かせると思いました。

  • 受講者の声10

    やる気アップというより、モチベーションが下がった時に、繰り返し受講しようと思った。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 eラーニングライブラリ実践!「やる気」アップ15のスイッチを活用している企業事例

Company case

サムネイル:株式会社うおいち様

株式会社うおいち様

修了率は99.5%! 全従業員に必修コースを設定し徹底活用 ~株式会社うおいち

コースの改訂情報 eラーニングライブラリ実践!「やる気」アップ15のスイッチの改訂情報

Revision information

<改訂情報>(2019年12月17日)
本コースは Adobe Flash Player を使用しない新形式の教材に切り替わり、モバイル端末(スマホ・タブレット)に対応しました。
動作環境のブラウザで学習してください。

▼もっと見る
ページ上部へ戻る
© JMA Management Center Inc.