JMAM

個人学習と研修で
人材育成を支援する

商品・サービスを探す

HTML5対応 <新訂版>梁先生と学ぼう 初級ビジネス中国語コース

コースの概要 eラーニングライブラリ<新訂版>梁先生と学ぼう 初級ビジネス中国語コースの概要

Course oveview

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • グローバル人材育成
  • 中堅社員の育成
  • 若手社員の育成
対象
  • 管理者
  • リーダー・監督者
  • 中堅社員
  • 新人・若手社員
  • 内定者
  • 営業職
  • 技術・技能職

はじめて中国語を学ぶ人も、梁先生と楽しく学習しながら、ビジネスシーンで簡単なやりとりができることをめざします。日本人が苦手とする発音も、実写でわかりやすく解説するほか、きめ細かなエクササイズで確実にステップアップしていきます。

対象者 ビジネスパーソン全般
想定学習時間 8時間
最短実行時間 100分
コース 語学/中国語

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

北京大学をはじめとして、世界各地の国立教育機関で使用されているテキストをベースにしたカリキュラム構成です。
よく使われるフレーズに絞り込んで、ビジネス会話を習得します。
中国政府教育部認定「BCT基礎」の単語を網羅し、試験対策にも活用できます。
「 BCT  (Business Chinese Test) 」とは

母国語が中国語ではない人のビジネス中国語能力を検定するために開発された中国政府の国家レベルの標準試験。世界24カ国以上で年4回開催されている。

詳しくはhttp://www.bct-jp.com/

カリキュラム eラーニングライブラリ<新訂版>梁先生と学ぼう 初級ビジネス中国語コースのカリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習開始にあたって
第1課 中国語の発音:ピンインと声調
  • 1-1 中国語とは
  • 1-2 ピンイン
  • 1-3 声調
第2課 中国語の発音:韻母(母音)
  • 2-1 36の母音
  • 2-2 単母音・そり舌母音
  • 2-3 複合母音
  • 2-4 鼻母音
第3課 中国語の発音:声母(子音)
  • 3-1 21の子音
  • 3-2 唇音・舌尖音
  • 3-3 舌根音・舌面音
  • 3-4 そり舌音・舌歯音
第4課 自己紹介をする
第5課 来客を歓迎する
第6課 人を紹介する
第7課 何かをお願いする
第8課 謝罪する
第9課 ていねいに断る
第10課 相手に対して譲る
第11課 相手をほめる
第12課 別れのことば
第13課 会話を円滑にするひと言
第14課 親しい人とのあいさつ
第15課 否定する、やめさせる
第16課 社交場でのあいさつ
第17課 祝いのことば
学習資料集
レポート問題
コースエンディング

受講者の声 eラーニングライブラリ<新訂版>梁先生と学ぼう 初級ビジネス中国語コースの受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    発音から各場面での用途別にコース分類されており、学習しやすい内容でした。

  • 受講者の声2

    中国語を勉強している人でも、初級とはいえ意外に知らない表現や単語もあり、発見できてよかったです。

  • 受講者の声3

    さまざまなビジネスの場面に合わせた決まり文句などがまとめられていたので、非常に分かりやすく見直しもしやすかったです。

  • 受講者の声4

    中国、台湾出張が多いので実践でいかしていけそう。

  • 受講者の声5

    はじめて学んだがわかりやすかった。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 eラーニングライブラリ<新訂版>梁先生と学ぼう 初級ビジネス中国語コースを活用している企業事例

Company case

サムネイル:商船三井キャリアサポート株式会社様

商船三井キャリアサポート株式会社様

派遣スタッフの成長支援にライブラリを活用 ~商船三井キャリアサポート株式会社

コースの改訂情報 eラーニングライブラリ<新訂版>梁先生と学ぼう 初級ビジネス中国語コースの改訂情報

Revision information

<改訂情報 2020年7月29日>

本コースは Adobe Flash Player を使用しない新形式の教材に切り替わりました。
動作環境のブラウザで学習してください。

<スマホ・タブレット端末対応 2015年6月30日>>

本コースは、スマホ・タブレット端末対応コースです。スマホ・タブレット端末からも受講できます。

<改訂情報 2015年6月30日>>

・「会話例」男性パートの一部音質を差し替え
・第4課以降の「新単語」のうち、数詞の訳語を追加
・第4課以降の「問題1」の解答方法変更、および不正解箇所の明示
・学習資料集「新BCT600単語トレーニング」 把のピンイン修正

<新訂版情報 2014年2月24日>
前コースからの主な変更点は次のとおりです。
◎中国政府教育部認定「BCT基礎」の改訂に基づき、試験準拠の804単語を「新BCT」対応の600単語に変更しました。
◎レポート問題を2回から1回とし、ランダム出題としました。
▼もっと見る
ページ上部へ戻る
© JMA Management Center Inc.