モバイル対応 これだけはおさえておきたい『仕事の教え方』基本コース

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / 中堅社員の育成
  • / ビジネススキル・知識の習得
対象
  • 新人・若手社員
  • / 中堅社員
  • / リーダー・監督者

コースの概要 コースの概要

Course oveview

「人に教える」ために「何をすればよいか」、教え上手になるための基本を学びます。

対象者 すべてのビジネスパーソン、特に若手中堅社員
想定学習時間 2時間
最短実行時間 43分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

職場で人が育つきっかけとして、「教える」という経験は大変重要です。なぜなら、「教える」ことをつうじて、教える側も「何をすればよいか」を考える機会になるからです。こうした経験の繰り返しは、一個人の成長にとどまらず、組織そのものにもプラスの影響を与えます。

 しかし、実際の職場では、人を育てる余裕がなくなり、従来あった育成の連鎖が途絶えたといわれています。そのため、これまで教えられてこなかった多くの若手中堅社員は、自分自身が教える立場になることに対して不安を抱きがちです。そこで、「教えることで人は育つこと」を職場全体でサポートすることが大事です。

 本コースでは、職場のなかで「教え合う」雰囲気をつくりだすために、「教える」ための姿勢から、基本的なスキルや流れ、状況に応じた教え方のポイントを学び、職場のなかで、人に「教える」経験を積んでいただくことをめざします。

人に「教える」ための心がまえから、基本スキル、教えるステップの流れに沿って、「教え方」の基本を学びます。
「教える」相手別、状況別のケーススタディをつうじて、より実践的に学ぶことができます。
セルフチェックを行うことで自分自身の仕事への向き合い方を振り返ります。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習のガイダンスと学習資料集
プロローグ 「教える」前に知っておきたいこと
  • 0-1 「人に教える」ということは?
  • 0-2 学び方を教える
1章 教え上手になるための準備
  • 1-1 準備する
  • 1-2 全体像を見せる
2章 教えるための基本ステップと教えるスキル
  • 2-0 教え方のフレームワーク
  • 2-1 実演する(やってみせる)要点と基本スキル
  • 2-2 考えてみよう
  • 2-3 説明する(言って聞かせる)要点と基本スキル
  • 2-4 考えてみよう
  • 2-5 実行させる(やらせてみる)要点と基本スキル
  • 2-6 考えてみよう
  • 2-7 評価する(よし悪しを伝える)要点と基本スキル
  • 2-8 考えてみよう
  • 2-9 セルフチェックで振り返る
3章 状況に応じて教える
  • 3-1 相手のタイプに応じて教える-消極的なタイプ
  • 3-2 相手のタイプに応じて教える-謙虚さのないタイプ
  • 3-3 相手のタイプに応じて教える-パフォーマンスの低いタイプ
  • 3-4 相手のタイプに応じて教える-冷めたタイプ
  • 3-5 業務のタイプに応じて教える
エピローグ 教え上手は、学ばせ上手
  • 4-1 教え上手は、学ばせ上手
レポート問題
学習の振り返り
  • さらなるステップアップを目指して

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    自身の経験からもある程度のことを学んでいたつもりであったが、今まで気付かなかったこともあり今後に活かせると感じた。

  • 受講者の声2

    他人に物事を教える基本を学べ、自分に足りない部分が明確になった。

  • 受講者の声3

    なかなかこういった勉強を自分で行うのは難しいので大変役に立ちます。

  • 受講者の声4

    初学でも入りやすくバランスの取れた内容であると感じました。

  • 受講者の声5

    さまざまな年齢層に対して仕事のやり方を教える上で勉強になりました。

  • 受講者の声6

    どのように他人に教えれば効果的なのかがわかった。

  • 受講者の声7

    わかっていたつもりになっていたことがあり、今回の研修で、正しい知識を身につけられた。

  • 受講者の声8

    タイプ別の指導法など細かく分類されていて、とてもわかりやすかった。

  • 受講者の声9

    今までは一方的な教え方でしたが、人それぞれタイプがあるからそれに合った指導の仕方を学べ、現場で実践して行きたいです。

  • 受講者の声10

    仕事の教え方の要点が体系的にまとまっており、今後の新人教育のガイドラインができた。

▼もっと見る
他のコースの声を見る