JMAM

個人学習と研修で
人材育成を支援する

商品・サービスを探す

HTML5対応 テレワーク時代のチームで業務効率をあげる仕事術

コースの概要 eラーニングライブラリテレワーク時代のチームで業務効率をあげる仕事術の概要

Course oveview

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • 中堅社員の育成
  • 強い管理者の育成
  • ビジネススキル・知識の習得
  • その他
対象
  • 中堅社員
  • リーダー・監督者
  • 管理者
  • 新人・若手社員
  • 内定者
  • 営業職
  • その他

コミュニケーションを通してチームの仕事を見直し、働き方改革を推進するためのノウハウを学びます!

対象者

ビジネスパーソン全般
特にチームリーダー・管理職

想定学習時間 1時間
最短実行時間 24分
監修者
鹿野 和彦 株式会社アプレコミュニケーションズ 代表取締役
JMAM通信教育『すぐできる!ノー残業マネジメント術』  監修
コース ビジネススキル/ビジネス基礎・マナー

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

●チームでの働き方改革に向けて、どのように仕事の効率をあげたらよいか、具体的なアプローチ方法を学びます。
●テレワークが主流となりつつあるいま、チームでどのようにコミュニケーションを展開したらよいか、具体的なコツを学びます。
●仕事の棚卸しやムダの見える化、優先順位のつけ方など、ツールを使って実践していきます。

カリキュラム eラーニングライブラリテレワーク時代のチームで業務効率をあげる仕事術のカリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
はじめに
  • テレワーク時代の働き方
第1章 ムダとスキマをなくして業務効率アップ
  • 1-1 仕事の棚卸し
  • 1-2 時間のムダ遣いをしていませんか?
第2章 優先順位と目的を確認して 業務効率アップ
  • 2-1 優先順位が違っていませんか?
  • 2-2 その仕事の目的がわかっていますか?
第3章 仕事の分担で業務効率アップ
  • 3-1 業務をチケット化する
  • 3-2 メンバーの特性を活かす
第4章 チームプレーで業務効率アップ
  • 4-1 テレワークのチーム力
  • 4-2 テレワークのホウ・レン・ソウ

コースの改訂情報 eラーニングライブラリテレワーク時代のチームで業務効率をあげる仕事術の改訂情報

Revision information

<改訂情報>(2020年11月13日)

副教材シートや画面解説・演出など、主に次のような修正を加えて更新

・1-1 副教材「行動・仕事量見える化シート」を、30分刻みから5分刻みで入力できるように改修
・1-2 画面表示される「ムダ」の定義を、改行や着色で見やすく変更
・1-2 画面表示される「ムダな仕事をやめるための見える化シート」の例示を一部変更
・1-2 「スキマ時間大」と「スキマ時間なし」の表示方法や順番を変更
・2-1 マトリクス表のタイトル「チームの優先順位マトリクス」を追加
・2-1 Aさんの優先順位Ⅱ、Ⅲ象限の画面解説を一部変更
・2-2 Aさんの優先順位Ⅱ象限に関する、AさんとDさんの対比を画面解説に追加
・2-2 仕事の目的を見失う例の画面解説を一部変更
・3-1 メンバーへのチケット配布の具体例において、画面解説に「+負荷状況」を追加
・3-2 CさんのSWOT分析を一部変更し、担当する具体的なメージイラストを追加
・4-1 スマホ・タブレット版のタテ画面に入っていた不要なテキストおよび横線を削除
・4-2 「課題(例)」「ホウ・レン・ソウの進め方とリーダーの役割」 リンク先画面のテキストを一部変更
・上記の修正内容を「まとめPDFファイル」にも反映して更新

▼もっと見る
ページ上部へ戻る
© JMA Management Center Inc.