MBI

改革を実現する
マネジメントシミュレーションコース

テーマ

マネジメントスキル

一段高い視点で「改革」を目指す管理者になる

経験による学習をベースに、管理者としての役割期待やスキルを体験的に理解します。経験に学び、自らの行動の特徴、強み、啓発すべき点などへの理解を深めることは今後の能力開発のきっかけとなります。業務・人・管理・改革という4つのマネジメント機能において、より高い視点から人を動かし、自らの考えを具現化していくことを通じて、ひとまわり大きな管理者になるための能力を養います。

対象者
管理職/リーダー・監督者
日数
2日間
最適定員
10~24名
参加料
104,500円(税込/1名)
*診断受検料・教材費含む

概要

一段高い課題を形成するリアルな演習

参加者は酒類事業部の6つのグループマネジャーのいずれかに就任し、それぞれが管理者の役割を体験します。

体験の振り返りからの「気づき」を重視

「演習(経験)・振り返り」サイクルの徹底により、管理者の役割や仕事について「体験的に理解する=気づく」ことができます。また、参加者によるアンケート結果をもとに管理者としてチームや個人を動かす影響力についても理解していきます。

相互フィードバックで自分のクセを見直す

ともに演習を行ったグループメンバーからのフィードバックで、自分の言動が他者へどのような影響を与えているかを理解します。強みの強化と弱みを改善するきっかけとします。

コースサンプル動画: 研修の様子や受講者インタビュー

この映像の続きをご覧になりたい方は、以下のお問い合わせフォームよりご連絡をお願いします。

特長

体験の振り返りからの「気づき」を重視

架空の酒造メーカーの管理者として役割を担い、さまざまな問題を整理し、課題を形成していく実践的な演習をおこないます。知識付与型の研修と異なり、体験的に理解をすることで、より深い気づきが促されます。

参加者同士が生の声でフィードバック交流

演習にともに取り組んだメンバーからの「生の声」で、日ごろ何気なくとっている態度、行動や発言が周囲に及ぼす影響に気づきます。そのため、より強化する点と改善すべき点が具体的に把握でき、職場での行動変容が促進されます。

職場での習慣化を促すツールを提供

参加者の職場実践フォローとして、設定した行動目標を21日間続けやすくするための「アクション&リフレクションツール」をご提供しています。約3週間でその行動をとることが苦に感じなくなり、習慣化するという脳科学の考え方を取り入れたツールとなっています。

プログラム
開催期間/参加料
受講日数 --
定員 10~24名
参加料 104,500円(税込/1名)
*診断受検料・教材費含む
開催日程
事前課題 360度診断 SKILLSCOPEの実施
1日目 9:30~17:30
オリエンテーション
・相互交流

[マネジメント演習Ⅰ]
・(問題把握)個人研究→チーム討議→発表・振り返り

[マネジメント演習Ⅱ]
・(課題形成)情報分析→チーム討議

[演習]アンケート実施
2日目 9:30~17:30
発表と振り返り
・(課題解決視点・チーム活性化視点・個人の影響力について)

相互フィードバック準備

相互フィードバック

360度診断 SKILLSCOPEフィードバック

目標設定

振り返り(自分の影響力)
※プログラムは変更になる場合があります。
事後課題 ARノートによる職場実践(提出不要)

■お申込みの締切は各開催日の50営業日前となります(締切が早まる場合もございます)。

お客様の声

  • 自分で漠然と思っていたことが明確になりよかったです。マネジャーとして人を動かして実現することを意識して行動したいと思います。また他社の方との研修に初めて参加し、いろいろな見方・考え方に触れ有効でした。

  • 業界が異なるものの、資料が分かり易くてすぐに入り込めました。自社と照らし合わせて、解決策を活用したいです。

  • 自分に気づくことと、それに対する行動が学べてよかったです。自分に対して気づいても行動としてどうすべきかがわからないことが多いですがその対処ができる気がしてきました。

講師メッセージ

  • 仮想企業のマネジャーになって活動するシミュレーションスタイルのセミナーです。アクション&リフレクションによって、自分自身の影響力や強み・課題に気づいていきます。異なる会社の人達と活動を共にすることで視野も広がります。ぜひご参加ください!

  • MBIは、新たな領域へのチャレンジを始めるために必要な経験を数多くしていただくことができるコースです。参加者からは、「他社の役職者の言動を見ることで、役職者としての能力・レベル感が分かった。そして、自分と比較することで非常に刺激を受けた。」という声を多く聞くことができます。講師として、「能力の棚卸し」の必要性をお伝えしながら、いままでの自分と違うステップをめざしていただくよう、ご支援しています。
  • 初めて会う人たちとの課題解決のグループ討議は、意外にも遠慮なく白熱した討議になります。フィードバックセッションでは、自社よりも他社のグループメンバーで実施する方が新鮮で気づきが増幅しますので、このコースの特徴であるシミュレーションが、より効果を発揮しています。
ページ上部へ戻る