用語辞典

わ行

ワーク・シェアリング Work Sharing

Work(仕事)のシェアをコントロールし、雇用機会、労働時間、賃金という3つの要素の組み合わせを変化させ、より多くの勤労者を解雇することなく、雇い続けることができるシステムの総称。 様々なワーク・シェアリングの中でも、多様就業型ワーク・シェアリング(多様な働き方の選択肢を拡大する)と緊急対応型ワークシェアリング(労働時間の短縮とそれに伴う収入の減額を行うことにより、雇用を維持する)は、日本の経済社会の現状に鑑み、速やかに取り組む必要があると言われている。

用語を探す