研修

“意思決定ができる部長”になる

上級管理者研修

  • 対面型
  • オンライン型

部長層に必須の4つの姿勢を理解し、部長として取り組むべき重点課題を意思決定していきます。
部門経営者としての意思決定を迫る本格的なケーススタディに取り組み、経営・事業に参画し「意思決定」ができる部長をめざします。

まずはお気軽にご相談ください
対象者
部長・事業部長層およびその候補者(専門部長ではない部門経営者)
日数
2日間
テーマ
部長クラス
最適定員
16名
実施形態
対面型/オンライン型
コード
EDC

ねらい

部長に不可欠な「4つの姿勢」の理解し、自らの重点課題を決める

ケーススタディを通じて、部長に必要な「4つの姿勢」の理解を深め、今後部長として自らが取り組むべき重点課題を決める戦略的な「意思決定」の場とします。

特長

部長に不可欠な「4つの姿勢」を理解する

①全体最適 ②長期指向 ③重点集中 ④対案選択

上記「4つの姿勢」を実現するために必要となる以下の基本知識・スキルを確認する

「改革」「戦略」「事業」「組織」「財務」に関する知識・スキル

上記「4つの姿勢」をふまえて、部長として自らが成すべき事を決める 【=意思決定】

プログラム
事前課題 ・ケーススタディの個人研究
・自組織の課題研究
1日目 ■オリエンテーション

■部長に必要とされる4つの姿勢
1.「全体最適」と「長期指向」
ケーススタディ「アイファイ・ホールディングスのケースA」
個人研究、グループ研究、クラス研究
2.「重点集中」と「対案選択」
ケーススタディ「アイファイ・ホールディングスのケースB」
個人研究、グループ研究、クラス研究
※ケーススタディA、B両方を活用した場合のカリキュラム例です。

■1日目のまとめ
・上級管理者に必要な知識・スキルの確認
2日目 ■1日目の振り返り

■部長にふさわしい課題形成と意思決定
・個人研究1:事前課題の重点集中
・個人研究2:重点課題の対案選択
・グループ内意見交換
・クラス共有

■私にとっての部長とは
・研修全体の振り返り
・自分にとっての「部長の役割」を定義する
・個人研究、グループ研究、クラス共有

■全体のまとめ

※ケーススタディ「アイファイ・ホールディングスのケースA・B」は、
いずれかひとつのケース選択でも、4つの姿勢を全て学ぶことができます。
詳しくは弊社営業までお問い合わせください。
1名から参加できる同テーマ
の公開セミナーはこちら
上級管理者コース【意思決定編】
ページ上部へ戻る