FBF

360度診断で成長と課題を見える化する

360度診断活用・基本行動定着コース

テーマ

新人・若手クラス

入社以降の自分の現状、基本行動を多面的に振り返る

日頃の基本行動について、「やっているつもり」「できているつもり」という思い込みを修正し、行動変容への気づきをうながします。

対象者
新入社員・若手社員
日数
1日間
最適定員
24名
実施形態
オンライン実施についてはご相談ください

ねらい

自分の現状、基本行動を多面的に振り返る

1.360度診断を活用し現状を見つめ直すことで、基本の大切さを再確認し、若手社員として更なる飛躍を目指す
2.日ごろの基本行動について、本人の「やっているつもり」「できているつもり」という思い込みを修正し、行動変容への気づきを促す

特長

期待役割を再確認し、基本行動の重要性について振り返りを行う

事前課題「現状点検シート」 でうまくいっていること・うまくいっていないことを整理することで、普段なかなか考える機会のない自分自身の仕事の現状について、振り返りを行います。

自分の強み・弱みについて把握し、1年後の自分のありたい姿を考える

基本行動を「人」「業務」「自律」というディメンションからとらえ、「できている」と思っている行動が、上司や周囲の人々に「どのように思われているのか」ということを意識します。
最後に1年後の自分のありたい姿を考え、アクションプランシートを作成します。

プログラム
事前課題 ・「現状点検シート」の記入
・「NAVI 360 Basic」の回答
1日目 ■オリエンテーション
・ネットワーキング

■現状点検
・うまくいっていること・うまくいっていないこと
・基本行動の重要性
・問題意識の醸成

■基本行動の振り返り
・「NAVI360 Basic」の結果フィードバック
・自分の強みと改善点の把握

■チーム演習
・「NAVI360 Basic」の結果から明らかになった
強みの発揮や、改善点を意識して取り組む総合演習
・振り返りとまとめ

■職場実践に向けて
・相互フィードバック
・ラーニングガイドを活用したアクションプランの作成
・サポートガイドを活用し、上司・周囲からフィードバックをもらう

■まとめ
ページ上部へ戻る