DIW1

キャリア開発プログラム(女性社員向け)

テーマ

女性活躍 / 中堅・リーダークラス

早期キャリア教育により、女性社員の働く価値観・覚悟を醸成する

取り巻く環境・現状を理解したうえで、自分らしいキャリアビジョンを描きます。

対象者
一般女性社員
日数
1日間
最適定員
20名
実施形態
オンライン実施についてはご相談ください

特長

1.多様なツールを使って、自己理解を深める(上司からの手紙、TAS診断、価値観ワーク、ライフライン)
2.固定的な考え方を外し、ワクワクする、私らしいキャリアビジョンを考える
3.キャリアビジョンに向けた最初の10年にフォーカスして、実現方法を考える

プログラム
事前課題 ・上司からの手紙
・「TAS診断」の回答
・ライフライン

1日目 ■オリエンテーション
・人事部門挨拶
・研修の目的・ゴール、ヒトコト自己紹介

■私たちを取り巻く状況を知ろう
・女性を取り巻く環境・制度の変化
・自社の女性活躍の変遷とこれから
・女性社員への期待(討議→上司からの手紙)

■私への旅
・自分の性格・行動特性を知る(TAS診断)
・ライフ・ワークへの価値観を知る(価値観ワーク)
・仕事観を位置づける(ライフライン)

■“思い”と“仕事”に向き合う
・私らしい働き方を阻むカベを考える
(仕事観を踏まえて)
・ 私にできること、会社・上司に期待すること

■キャリアビジョンを描く
・キャリアビジョンの設定
・ビジョン実現のために私がすること

■未来に向けてのメッセージ
・キャリア目標の宣言(1分間スピーチ)

「TAS診断」とは
米国のE.バーン博士によって提唱・理論化されたTA(交流分析)理論を応用して開発した適性診断です。対人関係能力の向上を図るため、行動・対人関係面での特性を明らかにし、行動変容のための指標を提供するアセスメントツールです。

ページ上部へ戻る