ニュースリリース

OECD・東京学芸大学共催 教育の未来を考えるオンラインワークショップ
「さんかく(三角・参画)で共に創り奏でるコレクティブインパクト」(※1)参加者と
『時間〈とき〉をカケルTECHŌ』プロジェクトを開始

 株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:張 士洛、東京都中央区、以下JMAM〔ジェイマム〕)、および株式会社NOLTYプランナーズ(代表取締役社長:髙梨 文明、東京都中央区)、株式会社新寿堂(代表取締役社長:村上 覚、東京都板橋区)(以下、3社併せてJMAMグループ)は、経済協力開発機構(以下OECD)と東京学芸大学が進める国際共同研究プロジェクトの共創パートナーとして、OECDが東京学芸大学と共同開催するオンラインワークショップ『さんかく(三角・参画)で共に創り奏でるコレクティブインパクト~レジリエンスのある未来を創るため、「守破離」をエコシステムで体験する~』に参加する世界の中高大学生(以下学生)と「『時間〈とき〉をカケルTECHŌ』プロジェクト」を始めます。

「『時間〈とき〉をカケルTECHŌ』プロジェクト」とは

 株式会社日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:張 士洛、東京都中央区、以下JMAM〔ジェイマム〕)、および株式会社NOLTYプランナーズ(代表取締役社長:髙梨 文明、東京都中央区)、株式会社新寿堂(代表取締役社長:村上 覚、東京都板橋区)(以下、3社併せてJMAMグループ)は、経済協力開発機構(以下OECD)と東京学芸大学が進める国際共同研究プロジェクトの共創パートナーとして、OECDが東京学芸大学と共同開催するオンラインワークショップ『さんかく(三角・参画)で共に創り奏でるコレクティブインパクト~レジリエンスのある未来を創るため、「守破離」をエコシステムで体験する~』に参加する世界の中高大学生(以下学生)と「『時間〈とき〉をカケルTECHŌ』プロジェクト」を始めます。

 ワークショップの企画メンバーでもある1人の高校生から「東北スクール(※2)の活動の歴史や想いを受け、これからの未来を描くために、過去・現在・未来を行き来できるような手帳を作りたい。」という相談を受けたことから始まりました。
 『能率手帳』から始まり、現在は『NOLTY』として70年以上手帳を作り続けているJMAMグループは、手帳をスケジュールやタスクを管理するためだけのものではなく、日々の想いを綴ることで、使う人のかけがえのないパートナーになれるツールと考えており、今回の手帳を学生と共創することとなりました。本プロジェクトでは、JMAMグループ各社から選ばれたメンバーが提案者の高校生やワークショップに参加する学生達とともに、これからの未来を描くための今までの手帳を超えた「TECHŌ」の形を模索します。ワークショップ後、定期的にミーティングを行いカタチにしていきます。

※1 「さんかく(三角・参画)で共に創り奏でるコレクティブインパクト」
経済協力開発機構(OECD)と東京学芸大学が、教育分野に関心を持つ日本の中高生や大学生とともに3月28日・29日に開催する国際オンラインワークショップ。OECDがEducation2030のラーニングコンパス(学びの羅針盤)で提示した「新たな価値を創造する力」「対立やジレンマに対処する力」「責任ある行動をとる力」を身に付けることを通して、どのように人々の考え方や行動までも、変えることができるのかを模索し、学校教育に求められる役割を話し合う。
https://www.u-gakugei.ac.jp/pickup-news/2022/03/oecd202232829.html
https://www.u-gakugei.ac.jp/pickup-news/upload/news_220310a.pdf

※2 東北スクール
OECD東北スクールプロジェクト。東北復興策の一環として立ち上げられ、モチベーションを高める効果的な学習法であると報告されている「プロジェクト学習」が実施されている。
https://www.oecd.org/tokyo/topic/oecd-tohokuschooljapanese/oecd-tohoku-school.htm


『時間〈とき〉をカケルTECHŌ』への想い

本件に関するお問合せ先

【報道関係者お問い合わせ先】
株式会社日本能率協会マネジメントセンター 広報担当
TEL: 03-6362-4361(代表)/ 03-6362-4561(直通) / e-mail: PR@jmam.co.jp

ページ上部へ戻る