S-MAXサービス感度向上プログラム

「サービス感度」向上プログラム S-MAX

「サービス感度」とは、100人100通りのお客さまの気持ちを瞬時に察知して、100通りの気配り・心配りが出来る「感性能力」です。「サービス感度」を高める画期的プログラム“S-MAX(Service-Maximum)”

何故、「サービス感度」が必要なのか?

[価値の変化]

お客さまの価値が「ハードからソフトへ」「モノからコトへ」と変化する中、企業はお客さまとの関係(接点)において、「高感度な対応」が求められています。

[期待の多様化]

お客さまの期待は多様化傾向にあり、満足は個別の感性評価に委ねられています。

[機械化、省力化]

お客さま満足のためにより効率的なサービスのシステム化が進む中、人的サービスの重要性が差別化要因になってきています。

お客さま接点は・・

  1. お客さまという「人」の心を扱う高度な仕事であり、
  2. 100人のお客さまに100通りの正解がある複雑な状況で、
  3. お客さま個々の状(情)況を見抜く「感度」(サービス感度)を磨いていく必要があるのです。

「現場の生映像」と「ファシリテーション技術」が可能にした新感性教育

本来誰もがもっている「サービス感度」に気づかせ、引き出していきます!

今までは、「コミュニケーション」や「接遇」は個人のセンスによるところが多く、技術伝承は到底できないと考えられてきました。日本能率協会グループの人材育成ノウハウと映像教育技術の研究により、本来持っているはずの「気づき」の感性能力を引き出す教育プログラムを開発いたしました。

    ・ 見えない“思い”を見える“行動”として
    ・ 伝えられない“センス”を伝えられる“技”として
    ・ 当たり前の行為を意味のある行動として

 気づかせる「ツール」と「人」の効果的な融合!(気づくにはいろいろな方法がある)

お客さま接点の「真実の瞬間」映像とそれを最大限に活かせるファシリテーター(気づきの引き出し役)により、従来は漠然としていたポイントを「サービス感度®」という能力として確立し、「教育と伝承技術」としての活用が可能になりました。

「真実の瞬間」映像
実際の現場で毎日起きている
真実の瞬間を映像教材として

 

ファシリテーター
ファシリテートスキルにより、
本来もっているサービス感度を引き出します

「真実の瞬間」映像

ファシリテーター

「サービス感度」向上プログラムS-MAX

S-MAXは「オリジナル教材開発」と「ファシリテーター養成」のパッケージプログラムです。

S-MAX教材開発(映像教材・解説書)

S-MAXファシリテーター養成プログラム

サービス感度向上ベーシックコース

S-MAXはオリジナルパッケージプログラムですが、異業種の実際の現場映像(航空/病院/流通/ホテル旅館など)を使用して気づきを高めていただく1日研修プログラムで、ご体験いただけます。

詳細

導入企業事例

NECフィールディング株式会社様

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

このテーマ・課題に関連する事例

  • コーセル株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    コーセル株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.6

    テーマ シニア社員の活躍推進/ 中堅社員の育成/ 若手社員の育成 / その他
    対象 中堅社員/ 新人・若手社員/ その他
  • 日本製紙株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    日本製紙株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.1

    テーマ 中堅社員の育成/ その他
    対象 リーダー・監督者/ 中堅社員
  • NECフィールディング:プロフィール画像

    集合研修

    NECフィールディング

    サービス感度向上プログラム「S-MAX」で顧客満足度を高める ~NECフィールディング

    テーマ その他