ホーム > 社員紹介 > 営業(手帳・出版)

営業(手帳・出版)

実績を積み重ねながら取引先との絆を深めていく。

2013年入社 石毛 大介

入社動機

前職は美術業界の営業職として、契約作家の作品を全国のギャラリーに販売する仕事などに携わった。ステップアップに向けた充電期間中に、書店の手帳売り場をメンテナンスする仕事を経験したことが、JMAMに出会うきっかけとなった。JMAMの担当者の人柄や、人を大切にする社風に魅力を感じ、入社を決意した。

入社後の配属歴

2007年5⽉ ⼊社(中途)
⼿帳部⾨(東京)営業職
2013年4⽉ ⼿帳部⾨(北海道)営業職
2017年4⽉ ⼿帳部⾨(東京)営業職

Q. 現在の仕事内容は?

取引先のより良い売り場づくりを支援し手帳の販売をプロモートする。

入社以来、NPB事業本部(手帳部門)に所属し、東京や北海道で手帳の営業に携わってきました。手帳の営業は、担当エリアの書店や文具店といった取引先を通じて、当社の「NOLTY」「PAGEM」「Bindex」などの商品の売り場を提案し、販売していただく業務です。高いブランド力を有する当社商品は、すでに多くの店舗で扱っていただいています。取引先の店舗経営を一緒に考えながら、販売促進の施策を提案・実行したり、売り場をメンテナンスしたりすることが主な役割となります。
具体的には、担当店舗にできる限り足繁く通って、手帳売り場のご担当者と密にコミュニケーションをとると共に、売り場の状況を確認して改善すべき課題を探っています。最近の売れ筋傾向やお店の客層などに合わせて最適の商品を揃えるのはもちろん、各種キャンペーンや陳列方法、POPの工夫など、さまざまな手段を駆使して売り上げの拡大を図っています。
能力開発部門の仕事の経験はありませんが、かつて4年間勤務した北海道の事務所は、手帳営業が1名、人材育成部門が3名(営業2名・事務1名)という小所帯であり、人材育成事業の営業担当者の仕事を間近で見ることができました。そのため会社全体の事業像を把握できたのはもちろん、営業のノウハウを身につける上でも貴重な経験になりました。

Q. 手帳ビジネスの醍醐味は?

営業活動を通じて人脈を広げ信頼関係を構築できるのが嬉しい。

営業職ですから、当然、売上目標達成へのプレッシャーはありますが、自分が提案したプロモーションや売り場改善策が効果を上げ、取引先の売上拡大につながった時には、大きな達成感が味わえます。取引先とはWIN-WINの関係にあり、取引先の売上が伸びれば、自分の営業成績も上がります。そのため、営業として実績を積み重ねることで取引先との絆を深められるのが、この仕事の最大の魅力です。
私は、最初に都内の営業を担当した後、北海道に転勤し、4年後に東京に戻ったのですが、その際、以前も担当した取引先に着任のご挨拶にうかがったところ、現在の手帳担当者だけでなく、別の部署に異動した当時の担当者もわざわざ会いに来てくれ、「よく帰って来たね」と声をかけてくれました。このように仕事を通じて人脈を広げ、人と人との信頼関係を築いていけるのも営業職の楽しさです。

1日のタイムスケジュール

Q. 今後のビジョン、目標は?

日頃からアンテナを張り巡らせ魅力的なツールの開発に貢献したい。

JMAMでは、手帳を単なる文具商品としてではなく、「人の成長」を支えるツール、より有意義な「時間の過ごし方」を可能にするためのツールと位置付けて事業を展開しています。さらに機能性・使い勝手を追求するだけでなく、手帳を使い慣れない人にも、持っているだけでかっこいい!おしゃれ!と思ってもらえるような優れたデザイン性や質感を備えた手帳づくりにも力を注いでいます。たとえば、長年親しまれてきた「能率手帳」を新ブランド「NOLTY」にリニューアルしたり、特に女性向けに、コンパクトで色とりどりの手帳「PAGEM」をシリーズ展開したりしています。
また、近年はスマートフォンやタブレットといったデジタルツールの普及が進んでいますが、デジタル全盛の時代であっても、紙媒体や手書きならではのメリットは確実に存在するはずです。今後は、デジタルツールとの併用や連携なども考慮しながら、現在の手帳の形態に捉われない新しいツールの可能性も追求していきたいと考えています。
私たち営業職は、売り場での販売支援など手帳のエンドユーザーと対面する機会も少なくありません。お客様との会話の中から、商品に関するご感想やご要望、さらにはユニークな手帳活用法などの情報をキャッチすることもあります。日頃からアンテナを張り巡らせて、こうした有用な情報を開発部門にフィードバックし、より魅力的な商品の開発に貢献していきたいと思います。

JMAMのいいトコロ!

最初にJMAMの人に出会ってから数えれば10年以上経ちますが、とにかく考え方の柔軟な人が多いのが特色です。役職や年齢などに関係なく自由に発言できますし、若手の意見にも皆がきちんと耳を傾ける風土があります。職場でのコミュニケーションを通じて、日々いろいろな気づきの機会があるので、意欲があればいくらでも成長していける職場だと思います。

そのほかの社員を見る