集合研修

キャリアバリューアップ・プログラム

対象 リーダー・監督者 / 中堅社員

40代=キャリアの中間点 将来の見通し・仕事の意味を再吟味して「自分らしく」活躍する姿を“見える化”する

40代をキャリアの折り返しととらえ、「モチベーション分析」、「役割・使命を再度探るロールマップ」等を取り入れ、40代以降の仕事に向けた動機を高めます。合わせてリスク要因も整理し、キャリア後半に備えます。

研修対象者 キャリアの中間地点を迎え今後の仕事人生に対して意欲や葛藤が混在しがちな40代社員

  • プログラム
  • ねらい
  • 特長
  • お問い合わせ

プログラム

事前課題
・「自分にとっての"やりがい"」、「研修で習得したいこと」の記入
・アセスメント「MSQ」の受検
・「キャリア資産の棚卸しシート」の記入
1日目
午前
★オリエンテーション、研修の狙い

■導入(課題提起)
○自己紹介
 「やりがいのある仕事」(事前課題)
○講義
 「後半キャリアをどのように働きますか?」

■環境分析
○職場環境の変化(MUST)を探る
(1)起こった変化・これから起こる変化
(2)自分は変化にどう対処するか?
午後
■自己分析I
○WILL(価値観・動機)を探る
(1)モチベーション分析(MSQ)
(2)価値観分析

■自己分析II
○CAN(能力・スキル)を探る
(1)職務経歴の棚卸

○再度MUST(役割・使命)を探る
(2)期待役割の整理(ロールマップ)

■本日の振り返り
○気づきの確認
2日目
午前
■前日の振り返り

■課題演習I
○機会の獲得とリスクマネジメント
(1)SWOT分析

■課題演習II
(1)明らかになった自分の整理
(2)キャリアビジョン
(3)成長課題とアクアションプラン
午後
■課題演習II(続き)

■課題発表
○キャリアビジョンとアクションプランの発表

■まとめ
○エール交換
○講義「働く意味と存在価値(バリュー)」
お問い合わせはこちら

ねらい

  • 1.継続雇用の法制化など働く期間が長くなる中において、後半キャリアの作り方や意識しておくべき事柄を理解し実行します
  • 2.今後の環境変化を想定しながら自己理解を深めることで、次のステップにおけるジョブマッチングを描きます

特長

キャリアの中間地点を迎え、今後の仕事人生に対して意欲や葛藤が混在しがちな40代社員を対象に、キャリアの中間点を迎えたことを認識し、前半キャリアの振り返りによる資産の棚卸と、後半キャリアに向けてのビジョンを構築し、必要とされる能力および内発的動機を開発していきます。

グループワークを主として気づきを促進する体験学習方式。徹底した自己の振り返りによる強みと弱みの確認をはじめ、キャリアの中間点において必要な情報をきちんと整理したうえで、今後のキャリアビジョンとその達成のためのアクションプランを作っていきます。

他にこんなコースもおすすめ

お問い合わせはこちら

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら