多様化時代の「最強チーム」のつくり方を学ぶ

チームワーキング研修 

テーマ

課長クラス/マネジメントスキル

立教大学 中原 淳教授・田中 聡助教との共同開発コース

現代の経営環境は、①変化スピードの加速 ②働く人・働き方の多様化 ③テレワークの増加などにより複雑性が増し、これまで以上に「チームを効果的に動かす力」が求められるようになっています。
本研修は、そんな現代の経営環境に即した「効果的なチームの動かし方」を学ぶために、人材開発・組織開発の専門家 立教大学 中原淳教授・田中聡 助教とJMAMにより共同開発されたコースです。

対象者
既任管理者/新任管理者の場合は就任後3ヶ月以上経過後
日数
半日研修×1ヶ月に1回 合計3回の研修
最適定員
24名
実施形態
オンライン双方向研修

概要

中原 淳教授によるコース概要説明

ねらい

「チームを効果的に動かすスキル」を習得

チームで結果を出すために必要な3つの視点と3つの行動原理を学び、
「チームを効果的に動かすスキル」を習得します。

<研修のゴール>
1.「チームを動かすスキル」のポイントを回答できる
2.自分のチームを動かす際の課題を理解し、改善点を把握している
3.自分のチームで改善のための取り組みを実践している

特長

ニッポンのチームのデータをもとに開発

チームに関するこれまでの代表的な理論の多くは欧米で生まれました。しかし、チームのあり様や コミュニケーションの様式は、文化や社会的状況と密接に関係します。
本研修はニッポンのデータを用いることにこだわり、立教大学経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラム(※)におけるニッポンのチーム活動のデータを活用して開発されました。
※立教大学経営学部ビジネス・リーダーシップ・プログラムでは、国内企業のリアルな経営課題にチームで取り組んでいます。

学習内容の定着・職場実践を促す様々なしかけ

研修は、1ヶ月に1回のペースで合計3回実施されます。
毎回の研修後には、「復習テストへの回答」「職場メンバーとの復習映像の視聴」「職場メンバーへのアクションプランの宣言と実践」等を通して、チーム全体で職場実践に取り組み、学習内容の定着を図ります。

プログラム
事前課題 ・初回研修前は映像教材で予習
1日目 ■オリエンテーション
 ・チームを動かすスキルがこれまで以上に求められている背景
 ・チームワーキングとは
 ・チームワーキングの3つの視点と3つの行動原理

―Goal Holding―

■[講義]Goal Holding解説

■[演習]
 ・ケース演習
 ・職場実践に向けた各種演習

■研修後
 ・復習テストに回答
 ・職場メンバーと復習映像を視聴
 ・職場メンバーにアクションプランを宣言し職場実践
 ・PRE職場チェック:研修前後の「職場チームの改善確認」のためのデータ収集
2日目 ■[確認]前回の復習

■[振り返り]職場実践の振り返り

―Task Working―

■[講義]Task Working解説

■[演習]
 ・ケース演習
 ・職場実践に向けた各種演習

■研修後
 ・復習テストに回答
 ・職場メンバーと復習映像を視聴
 ・職場メンバーにアクションプランを宣言し職場実践
3日目 ■[確認]前回の復習

■[振り返り]職場実践の振り返り

―Feedbacking―

■[講義]Feedbacking解説

■[演習]
 ・ケース演習
 ・職場実践に向けた各種演習

■研修後
 ・復習テストに回答
 ・職場メンバーと復習映像を視聴
 ・職場メンバーにアクションプランを宣言し職場実践
AFTER職場Check:研修前後の「職場チームの改善確認」のためのデータ収集
ページ上部へ戻る