管理職に必要なマネジメントスキルを厳選

いま必要なスキルを
もれなく無駄なく
迷わず習得。

eラーニングサービス マネジメント・ビュッフェ

  • 日本能率協会マネジメントセンター 42年の人材育成実績
  • 累計受講者数 800社 10,000名超え ※ビュッフェシリーズ全体
  • マネジメントに特化した 73の豊富な学習テーマ
  • 学習定着率UP 添削講師が実践サポート

ビュッフェシリーズは、2019年6月の開講以来、
すでに800 10,000を超えるみなさまにご利用いただいております。

  • 不二家
  • 共和薬品工業株式会社
  • 株式会社日立ハイテクソリューションズ
  • Matsumoto Kiyoshi Holdings
  • Shiba Park Hotel

他多数

管理職に必要なマネジメントテーマを
時代の変化に合わせて73に再定義・細分化

管理職に求められる知識は日々変化しています。
マネジメント・ビュッフェでは、マネジメントに求められる必要な知識・スキルを再定義。
従来の単純化されたテーマを学びやすいかたちに73まで細分化したからこそ、
すべての管理職が見落としなく、必要な知識を選択・吸収することが可能
です。

  • イラスト

    組織

    管理者の機能と役割を学ぶ

    管理者とは何か

  • イラスト

    事業

    戦略的ビジネスリーダーになる

    経営戦略・事業戦略

  • イラスト

    組織

    上司・メンバーを動かす

    リーダーシップ

  • イラスト

    組織

    ものの見方を変える

    ラテラル・ロジカル・クリティカルシンキングの基本

  • イラスト

    組織

    Q&Aで学ぶ

    業務改革・問題解決

  • イラスト

    組織

    目標管理の全体フローを学ぶ

    目標管理の基本

  • イラスト

    組織

    目標管理の具体的な進め方を学ぶ

    目標管理の実践

  • イラスト

    組織

    フレームワークを生かす

    ラテラル・ロジカル・クリティカルシンキングの実践

  • イラスト

    事業

    メンバーの力を引き出す

    コーチング

  • イラスト

    組織

    部下の傾聴姿勢の作り方

    アクティブ・リスニングの本質を学ぶ1

  • イラスト

    事業

    よりよい対話を促進する

    1on1ミーティング

  • イラスト

    事業

    対立の種類を理解する

    コンフリクト・マネジメント1

  • イラスト

    組織

    財務三表が読める

    財務会計基本

  • イラスト

    事業

    市場を捉える力をつける

    マーケティング基本

  • イラスト

    自分

    リーダーとしてのレジリエンスを高める

    管理者のレジリエンス1

  • イラスト

    組織

    利益意識を高める

    ビジネス計数

  • イラスト

    事業

    信頼の土台づくり

    ボス・マネジメント1

  • イラスト

    組織

    部下が話を続ける効果的な問いかけ

    アクティブ・リスニングの本質を学ぶ2

  • イラスト

    組織

    部下の防衛的態度への対処

    アクティブ・リスニングの本質を学ぶ3

  • イラスト

    自分

    部下・チームのレジリエンスを高める

    管理者のレジリエンス2

これからの管理職には、時代変化への対応力が必要?

マネジメントスキル、リーダシップ、組織がめざす成果の達成など、管理職には、これまでさまざまなスキルが求められてきました。
一方で、時代の変化とともに働き方も多様化。従来の業務に加えて、求められるスキルの質や幅も大きく変化してきています。

従来のマネジメントスキル

  • テレワークによる難しいマネジメント
  • 健康経営への取り組み
  • ダイバーシティ・マネジメント
  • ESG経営とSDGsの目標達成
  • 線引きの難しいハラスメント対策
  • Society5.0への対応とDX投資
  • 働き方改革などの労働環境の変化
  • 脱炭素・グリーンリカバリー

これからのマネジメント教育に求められる “ 持続可能な実効性 ”

たとえすぐれた教材や学習機会の用意があっても、実施・継続するための教育制度の設計や、
それをサポートするための機能がなければ、実効性があるとはいえません。

マネジメント・ビュッフェには、
全ての事業者の実効性に働きかけるサポーティブな3つの要素があります。

  • 自立的教育設計

    診断を起点とした自走型育成プログラムが受講者の負担を軽減し、学習意欲を刺激

  • 環境適合性

    完全オンライン学習、オンラインコミュニティで、ニューノーマルの学びを支援

  • 学習定着率を高めるしくみ

    通信教育と講義式の研修をベースにした「読書・視聴覚」によるインプット学習、講師添削機能で「自ら体験する」アウトプット学習

自走型マネジャー育成プログラム マネジメント・
ビュッフェとは

管理者の自律的かつ継続的な学びをサポートする
自走型Webサービスです。

マネジメント・ビュッフェの説明図

マネジメント・ビュッフェ 5つの特長

  • POINT 01

    約10分の診断で最適テーマを選出
    もれなく・無駄なく・迷わず学習可能

    「組織(チーム)」「事業」の課題などからなる約10分の自己診断機能を用意。診断から、あなたのリーダー像のタイプや、学ぶべきテーマを分析&提案。いま必要なテーマから優先的に学習できるので、学習計画や、テーマ選択にかかる時間の無駄がなくなります。

    POINT 01
  • POINT 02

    マネジメントだけに特化した
    73の豊富な学習テーマ

    「300以上の学習テーマがあり選べない」「新入社員用の学習テーマはいらない」「本当に自分に必要な知識だけをピンポイントで学習したい」など、お悩みも多いのではないでしょうか?マネジメント・ビュッフェでは、管理職に本当に必要なマネジメント学習のテーマだけをピックアップ。また、従来の単純化されたマネジメントのテーマを学びやすい73のテーマまで細分化することで、自分に必要なものだけを選択できる、一人ひとりの個性に合わせた学習コンテンツとなっています。

    POINT 02
  • POINT 03

    人材育成に携わり42年
    培った実績とノウハウを集約

    75年以上の歴史をもつ、日本能率協会グループの一員である日本能率協会マネジメントセンターの各種プログラムは、年間5,000社を超える企業や公共機関で導入されています。
    また、マネジメント・ビュッフェのテキスト教材の開発ベースとなった通信教育講座は、管理職向けの事業として1979年にスタート。年間4,200社のお客様にご利用いただいています。これまで培った実績とノウハウをもとに、これからも時代、企業、個人のニーズに合わせたサービスの提供に努めます。

    POINT 03
  • POINT 04

    実践で知識のアウトプット
    JMAMだけの講師添削サポート

    オンライン学習にも成果が求められる時代だからこそ、マネジメント・ビュッフェでは、JMAMが厳選した一流講師陣の手による講師添削を用意しました。「読む」「見る」だけではなく、自分の言葉にして「書く」という学習モデルにより、学習定着率が大幅にアップします。

    POINT 04
  • POINT 05

    個人学習からチーム学習へ
    独自のコミュニティ機能で学びを促進

    受講者同士がそれぞれ学習の中で得た気づきや課題を、チャット機能を使って交換して、新たなひらめきや課題解決の糸口につなげていただくための創発的学習のしくみです。また、受講者の課題を担当者が一元管理できるので、自社の強み弱みの傾向を把握できたり、苦手意識のある学習テーマを必須テーマに加えるなど、今後の教育設計にもお役立ていただけます。

    POINT 05

まずは
ご相談ください!

導入を検討されたい方向けに、無料トライアルをご用意しております。
まずは話を聞いてみたい、実際に体験してみたいなど、あなたに合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
検討段階でもお気軽にお問い合わせください。

安心の定額料金プラン

1年間の定額プラン

学び放題33,000円(税込)/1名

1カ月あたり2,750円程度のお手頃料金です。

機能一覧

  • マネジメント特化の
    73の豊富なテーマ
  • 1年間
    学び放題
  • スマホやタブレットなど
    各種デバイス対応
  • 倍速再生に対応
    自分のペースで学習可能
  • マーカーやメモを残せる
    テキスト教材
  • 10分でできる
    自分に合った学習診断
  • 講師添削で
    「自ら体験する」
    アウトプット学習
  • チームで課題共有
    コミュニティ機能
  • 知識のアップグレード
    マネジメントQ&A

etc…

教育担当者への
おすすめポイント

POINT01

受講者への
効率的なアプローチ

  • 受講テーマを管理

    受講テーマを管理

    教育担当者側で、学習してほしいテーマや推奨テーマの提示が可能です。期限の1カ月前の時点で、合格していない受講者には、自動のリマインドメール機能付きです。

  • 受講者へのコメント機能

    受講者へのコメント機能

    受講者のログイン後のトップ画面に、教育担当者からのコメントを表示させることが可能です。学習フローやお知らせなど、ご自由に活用いただけます。

  • 受講者の管理

    グループごとの
    学習ステップ設定

    受講者をグループ分けし、グループごとに「必須テーマ」「推奨テーマ」を設定することができます。部署や役職に合わせて、管理することが可能です。

POINT02

成績管理機能

  • テーマごとの学習状況確認

    テーマごとの学習状況確認

    学習を開始した日や、レポートに合格した日など、学習状況をテーマごとに確認可能。CSVでダウンロードも可能です。

  • 診断結果確認

    診断結果確認

    受講者が実施した診断の結果を確認することができます。診断結果から、受講者の求めるスキルや傾向を把握し、アプローチすることも可能です。

  • 学習状況とアフターアプローチ

    学習状況とアフターアプローチ

    ログイン日や、学習状況など、受講者ごとに確認することができます。条件を絞って、該当の方へのみメールを送ることも可能なので、フォローにもご利用いただけます。

教育担当者様の管理可能項目

  • 受講者氏名
  • 開講月
  • 受講番号
  • 社員番号、所属名、属性
  • 学習中のテーマ
  • テーマ登録日
  • 学習開始日
  • レポート提出日
  • レポート合格日
  • レポート判定
  • レポート提出回数
  • 連絡BOXへの提出ファイル
  • チャット投稿機能

教育担当者は、受講者の学習状況や課題を一元管理
個別やグループごとにアプローチも可能で、
アフターフォローも容易にできる!

まずは
ご相談ください!

導入を検討されたい方向けに、無料トライアルをご用意しております。
まずは話を聞いてみたい、実際に体験してみたいなど、あなたに合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
検討段階でもお気軽にお問い合わせください。

導入企業の声

  • 株式会社不二家 様

    株式会社不二家 様

    総務人事本部 人事部 課長

    株式会社不二家 様

    継続的自主的に学べるしくみを構築。
    厚みのある管理職層の形成めざす。

    弊社では、「自分たちで研鑽し、努力すること」を人材育成の方針として掲げています。特に管理職・マネジメント層の社員は、会社の理念や方針をメンバーに落とし込んでいくという重要な役割がありますから、幅広い学びが必要です。しかし、これまで、管理職に昇進したタイミングでの研修後は、継続的な学習のしくみがありませんでした。そこで、マネジメント・ビュッフェを導入し、継続的・自主的に学べるしくみを整備したのです。必須ではありませんが、職制を通じて強く受講を促したこともあり、ほぼ全員が受講しています。また管理職に就く手前の、これから昇格試験を受ける人たちに対しては、受験前までに一部の講座を修了させることを受験の必須要件とするとともに、1年間を通じて全テーマを学習するよう働きかけています。そうすれば、将来の管理職も含めて皆がマネジメント・ビュッフェを使って学び、共通した知識を持つことになります。つまり、そこで培った知識・ノウハウが会社全体としての共通言語、認識になっていくことを期待しています。

  • M社 様 製造業

    T社 様

    企業規模:22,000名程度

    管理職は忙しい。だからこそ、一人ひとりにあった学習というのが必要なんです。

    コロナ禍により、営業から製造までのタイムリーな情報連携が求められ、これまで以上に部門間の効率的な情報把握や業務プロセスの最適化など、横断的な立ち回りが求められるようになりました。マネジャー一人ひとりの職務が多様化したところから、管理職研修の一斉開催が難しくなり、教育機会の確保を課題としていたところマネジメント・ビュッフェと出会いました。マネジメント・ビュッフェのいいところは、学習者がオンラインで自由に専門性の高い知識にアクセスできるだけでなく、現状を振り返って自分に適したテーマがなにかというのを知るきっかけがある点です。社としての共通テーマは設けつつも、各自がそれぞれの特性に合わせて自分に必要だと思うテーマを学習するので、忙しい中であっても一定の学習率が維持できているようにみえます。

  • M社 様 サービス業

    R社 様

    企業規模:5,400名程度

    オンラインだからこそ、管理職教育に相応しい教材を探していました。

    我々の会社ではこれまでも、社員教育の1ツールとしてeラーニング研修を利用していましたが、オンラインで手軽さが売りの教材が多い中、こと管理職教育ともなると、真っ先に懸念箇所としてあがったのが学習効果でした。一般的なビジネス知識などは、これまでの職務経験を通してすでに習得してきた方たちなので、形式的なものよりも、彼らにとってちゃんと学べるものがあるeラーニングを探していました。マネジメント・ビュッフェの場合、大体1テーマ100ページ以上ものボリュームの電子書籍式教材で勉強することになるので、まずテキストの厚さが違いますし、読む力を鍛えられます。また、論述式のレポートがあるので、同時に書く力も身につきますよね。内容が難しいという声もありますが、やりがいを感じている方も多いです。

  • M社 様 通信業

    S社 様

    企業規模:800名程度

    講師添削機能は、学びに刺激を与えてくれる良い機会だと思います。

    弊社では、管理職層の教育として例年2日間の集合型研修を実施していました。しかし、業務時間中に管理職を一同に集めての研修実施だと業務に営業が出るという現場の声もあり、他の方法を検討していたところマネジメント・ビュッフェを提案いただき導入にいたりました。活用方法としては、必須の3テーマを3ヵ月ごとに締切を設けてレポート提出してもらい、それ以外は自主的に学習を進めています。特に、Webサービスであるにもかかわらず講師からの添削が受けられるというところが弊社にとっては1番のメリットです。第三者から一人ひとりに合ったフィードバックを受ける機会が少ないため、良い刺激を受けています。

開発者の思い

  • 開発担当 山田 由美子 さん

    開発担当
    山田 由美子さん

    管理職が自信をもって働ける『学びの場』をつくりたい。

    「管理職がいきいきと自信をもって働くための支えになる、『学びの場』をつくりたい」 この出発点からマネジメント・ビュッフェの開発を始めました。現代の管理職は忙しいだけでなく、激しい変化に対応する力、イノベーションを起こす力、そして上意下達ではなく自分で考えて動けるメンバーを育てる力など、多くの能力、スキルを求められています。そんな管理職がより効率よくより効果的に学べるしくみとはどんなものか。知識習得だけでなく、「必要な学びを自分で決める」「他者からも学ぶ」、私たちはその解をこのようなしかけをもたせることだと考え、マネジメント・ビュッフェのサービスを形づくりました。この先も、時代に合わせ進化させ続けます。

    現代の管理職は忙しいだけでなく、激しい変化に対応する力、イノベーションを起こす力、そして上意下達ではなく自分で考えて動けるメンバーを育てる力など、多くの能力、スキルを求められています。そんな管理職がより効率よくより効果的に学べるしくみとはどんなものか。知識習得だけでなく、「必要な学びを自分で決める」「他者からも学ぶ」、私たちはその解をこのようなしかけをもたせることだと考え、マネジメント・ビュッフェのサービスを形づくりました。この先も、時代に合わせ進化させ続けます。

  • 添削講師 津坂 直子 さん

    添削講師
    津坂 直子さん

    知識のインプットだけでなく、職場に役立つアウトプットにつながる。

    マネジメント・ビュフェの素晴らしさは、電子書籍版や動画コンテンツの学習に加え、ご自身のマネジメントや自職場の課題等と結びつけて考えるレポート問題が複数のテーマで用意されているところです。
    知識のインプットだけで終わらせず、職場に役立つアウトプットにつなげていただくためにも、ぜひ、多くのコースに挑戦しレポートに取組んでみてください。
    私たち添削講師が、みなさんの学びの伴走者として、職場実践につながるヒントや、新たな視点を得られるコメントなどで、丁寧にフィードバックさせていただきます。一緒に学ぶ楽しさを実感しましょう!

    知識のインプットだけで終わらせず、職場に役立つアウトプットにつなげていただくためにも、ぜひ、多くのコースに挑戦しレポートに取組んでみてください。
    私たち添削講師が、みなさんの学びの伴走者として、職場実践につながるヒントや、新たな視点を得られるコメントなどで、丁寧にフィードバックさせていただきます。一緒に学ぶ楽しさを実感しましょう!

  • マーケティング担当 斎木 輝之 さん

    マーケティング担当
    斎木 輝之さん

    ありたい姿の実現や課題解決に寄り添いたいという思いから誕生。

    管理職への「期待」と「負荷」が高まり続けている中、一人ひとりのありたい姿の実現や直面するマネジメント実務の課題解決に寄り添うことができないか。そんな思いからマネジメント・ビュッフェの芽は出ました。400名以上の現役管理職への調査や人材開発担当者様へのヒヤリングなどを通じて、豊富なコンテンツから選び、組み立てる「ビュッフェスタイル」の学び方が生まれました。また、JMAMが大切にしているのは「理論より実践」「仕事に役立つ」「自己課題として腹落ちすること」にこだわり、学習設計をしています。
    マネジメント・ビュッフェが管理職の「なりたい・困った」を解決するよりどころとなるよう、これからも進化をしていきます。

    400名以上の現役管理職への調査や人材開発担当者様へのヒヤリングなどを通じて、豊富なコンテンツから選び、組み立てる「ビュッフェスタイル」の学び方が生まれました。また、JMAMが大切にしているのは「理論より実践」「仕事に役立つ」「自己課題として腹落ちすること」にこだわり、学習設計をしています。
    マネジメント・ビュッフェが管理職の「なりたい・困った」を解決するよりどころとなるよう、これからも進化をしていきます。

ご利用の流れ

  1. STEP01 申し込み
  2. STEP02 利用情報の登録
  3. STEP03 アカウント開設
  4. STEP04 サービス開始

まずは
ご相談ください!

導入を検討されたい方向けに、無料トライアルをご用意しております。
まずは話を聞いてみたい、実際に体験してみたいなど、あなたに合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
検討段階でもお気軽にお問い合わせください。

サービス概要

73のテーマ一覧

事業のマネジメント

  • グローバル企業事例に学ぶビジネスモデル
  • 戦略的ビジネスリーダーになる経営戦略・事業戦略
  • 市場を捉える力をつけるマーケティング基本
  • メンバーの力を引き出すコーチング
  • よりよい対話を促進する1on1ミーティング
  • 対立の種類を理解するコンフリクト・マネジメント1
  • タスク・コンフリクトに対応するコンフリクト・マネジメント2
  • 感情の対立と複雑な対立に対応するコンフリクト・マネジメント3
  • 信頼の土台づくりボス・マネジメント1
  • 巻き込み方のレベルアップボス・マネジメント2
  • 想定外をチャンスに変え、未来を描いて発想するイノベーティブ・シンキングの基本

組織のマネジメント

  • 管理者の機能と役割を学ぶ管理者とは何か
  • 上司・メンバーを動かすリーダーシップ
  • 仕事のダンドリがわかる!プロジェクトマネジメントの鉄則30
  • ものの見方を変えるラテラル・ロジカル・クリティカルシンキングの基本
  • フレームワークを生かすラテラル・ロジカル・クリティカルシンキングの実践
  • 古今の偉人に学ぶ周囲を動かす巻き込み力
  • 部下の傾聴姿勢の作り方アクティブ・リスニングの本質を学ぶ1
  • 部下が話を続ける効果的な問いかけアクティブ・リスニングの本質を学ぶ2
  • 部下の防衛的態度への対処アクティブ・リスニングの本質を学ぶ3
  • リアルなケースで学ぶ労務管理
  • 利益意識を高めるビジネス計数
  • 評価の陥りやすいエラーを防ぐ人事考課
  • 財務三表が読める財務会計基本
  • 目標管理の全体フローを学ぶ目標管理の基本
  • 目標管理の具体的な進め方を学ぶ目標管理の実践
  • 働きやすい職場をつくるパワーハラスメント対策
  • 働きやすい職場をつくるセクハラ・マタハラ対策
  • Q&Aで学ぶ人・職場づくり
  • Q&Aで学ぶ業務改革・問題解決
  • Q&Aで学ぶコストマネジメント
  • Q&Aで学ぶリスクマネジメント
  • Q&Aで学ぶ「働き方改革」ノー残業マネジメント術
  • 管理者の基本シリーズ管理者の役割
    1.マネジメントとは
  • 管理者の基本シリーズ管理者の役割
    2.管理者とは
  • 管理者の基本シリーズ管理者の役割
    3.管理者の7つの能力
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    1.目標設定能力を強化する
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    2.計画能力を強化する
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    3.組織化能力を強化する
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    4.コミュニケーション能力を強化する
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    5.動機づけ能力を強化する
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    6.部下育成能力を強化する
  • 管理者の基本シリーズ管理者の7つの能力
    7.自己革新力を強化する
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ人事評価
    1.人事評価とは
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ人事評価
    2.人事評価の進め方
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ人事評価
    3.人事評価の留意点と活用
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ目標管理
    1.目標管理とは
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ目標管理
    2.目標設定
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ目標管理
    3.目標の連鎖と展開
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ目標管理
    4.達成度評価
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ人事評価と目標管理の面談
    1.面談の目的とポイント
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ人事評価と目標管理の面談
    2.期初に行う面談
  • 人事評価・目標管理の基本シリーズ人事評価と目標管理の面談
    3.中間と期末に行う面談
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下が育つ組織づくり
    1.部下との関係性の変化
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下が育つ組織づくり
    2.心理的安全性の高い職場づくり
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下が育つ組織づくり
    3.日々の行動週間①挨拶
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下が育つ組織づくり
    4.日々の行動週間②傾聴・問いかけ
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下育成・支援のポイント
    1.ティーチング①育成・指導
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下育成・支援のポイント
    2.ティーチング②仕事の教え方
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下育成・支援のポイント
    3.コーチングとは
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下育成・支援のポイント
    4.コーチングのステップ
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下育成・支援のポイント
    5.1on1による対話
  • 部下育成・支援の基本シリーズ部下育成・支援のポイント
    6.部下のキャリア開発支援
  • リモートチームを活性化させるテレワークコミュニケーション術
  • リモート時代のリーダーの新常識チーム力を高めるテレワークマネジメント

自分のマネジメント

  • 心が整う 疲れがとれるマインドフルネス瞑想
  • レジリエンスがわかる『幸福論』で学ぶくじけない楽観主義
  • インテグリティがわかる『武士道』で学ぶぶれない生きざま
  • リーダーとしてのレジリエンスを高める管理者のレジリエンス1
  • 部下・チームのレジリエンスを高める管理者のレジリエンス2
  • 読者のプロが薦める管理者が読むべき”事業の基本”を知る3冊
  • 読書のプロが薦める管理者が読むべき”組織の基本”を知る3冊
  • 読書のプロが薦める管理者が読むべき”人間力の基本”を知る3冊

概要

サービス名 マネジメント・ビュッフェ
対象 管理職やその候補者
サービス内容 管理職に必要な知識・スキルを網羅した電子テキストと動画コンテンツ
受講期間 1年間
受講料 30,000円(税込33,000円)

推奨環境

動作OS

日本語Windows7以降、MacOS10.6以降、Android4.0以降、iOS7.0以降

推奨ブラウザ

  • Internet Explorer 11以上
    Internet Explorerのダウンロードサイトはこちら
    Windows7をご利用の場合、Internet Explorer 11では動画を視聴いただけません。Windows7の場合は、ほかのブラウザをご利用ください。
  • Microsoft Edge 25以上
    Microsoft Edgeのダウンロードサイトはこちら
  • Safari5.0以降
    Safariのダウンロードサイトはこちら
  • Chrome15以降
    Chromeのダウンロードサイトはこちら
    Cookie、JavaScript及びSSLを有効にする設定が必要です。設定方法は環境設定方法をご覧下さい。

プラグイン

  • Adobe Reader
    Adobe Readerのダウンロードサイトはこちら

モニタ解像度

1024×768 pixel High Color以上

インターネット通信回線

できる限り容量を抑えたコンテンツにしておりますが、快適にお使いいただくためには、Wi-Fi等の高速回線を推奨いたします。

企業概要

名称 株式会社日本能率協会マネジメントセンター
【英文名: JMA Management Center Inc.】【略称:JMAM(ジェイマム)】
代表取締役会長 長谷川 隆
代表取締役社長 張 士洛
設立 1991年8月8日(営業開始日1991年10月1日)
資本金 10億円
従業員数 連結 537名(単体 407名) ※2020年6月時点
売上高 連結 154億円(単体 128億円) ※2020年6月期
本社 〒103-6009 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
TEL:03-6362-4800 (代表) FAX:03-3272-8118
事業内容
  • 人材育成支援事業
    通信教育事業、eラーニング事業、研修事業、アセスメント事業
  • 手帳事業
    手帳、システム手帳、カレンダー、家計簿などの開発制作および販売
  • 出版事業
    ビジネス書の発行、資格関連図書・資料の出版
ページトップへ戻る

まずは
ご相談ください!

導入を検討されたい方向けに、無料トライアルをご用意しております。
まずは話を聞いてみたい、実際に体験してみたいなど、あなたに合わせた最適なプランをご提案させていただきます。
検討段階でもお気軽にお問い合わせください。

1on1ミーティング

いま組織に求められる
「1on1ミーティング」
とは?