資格試験情報

機械保全技能士 試験情報

試験名 機械保全技能士
主催 公益社団法人日本プラントメンテナンス協会
http://www.kikaihozenshi.jp/
試験日 ※詳細は主催団体へ直接ご確認ください
申込日 ※詳細は主催団体へ直接ご確認ください

参考書籍

  • 2017年度版 機械保全の徹底攻略〔機械系・実技〕

    国家技能検定試験の中で2番目に受検者数が多い(受検者3万人以上)機械保全の受検参考書です。 試験は学科試験と実技試験に別れています。 本書は、機械系実技試験で事前に公開される13課題すべてに対応しています(実際の試験では、13課題中8題が出題されます)。 前半部分は課題の解説、後半部分は模擬問題で構成されています。 試験では写真を見て解答するといった問題もあり、それに対応するために、模擬問題の部分はカラー写真を多用して掲載しています。

  • 2017年度版 機械保全の徹底攻略〔機械系・学科〕

    国家技能検定試験の中でも、最大の受検者3万人を擁する機械保全の受検参考書です。 試験は学科試験と実技試験に別れていますが、本書は学科試験に対応しています。 構成は試験の科目・細目に則っており、過去11年間の出題傾向を分析した上で改訂をしているので、実際の試験に即した学習ができるようになっています。各科目ごとに「出題傾向と学習のポイント」を、重要項目を「Zoom Up」として詳しく解説し、頻出問題をピップアップして紹介しています。

  • 2017年度版 機械保全の過去問500+チャレンジ100〔機械系・学科1・2級〕

    国家技能検定試験の中でも、最大の受検者3万人を擁する機械保全の受検参考書です。 試験は学科試験と実技試験に別れています。本書は、機械系1級・2級の受検者を対象として、実際に出題された学科試験の問題を5年分収録し、その解答と解説を加えました。 また、出題された問題をもとにその傾向を独自に分析し、2017年度実施試験の予想問題を掲載しました。繰り返し問題を解いていく学習方法として、また学習の後に力試しとしてご活用いただく際にも、最良の過去問集です。

  • 2017年度版 機械保全の徹底攻略〔電気系保全作業〕

    国家技能検定試験の中でも、最大の受検者3万人を擁する機械保全の受検参考書です。 試験は学科試験と実技試験に別れていますが、本書は学科試験に対応しています。 構成は試験の科目・細目に則っており、過去6年間の出題傾向を分析した上で改訂をしているので、実際の試験に即した学習ができるようになっています。各科目ごとに「出題傾向と学習のポイント」を、重要項目を「Zoom Up」として詳しく解説し、頻出問題をピップアップして紹介しています。

  • 2017年度版 機械保全の徹底攻略〔設備診断作業〕

    国家技能検定試験の中で2番目に受検者数が多い(受検者3万人以上)機械保全の受検参考書です。 試験は学科試験と実技試験に別れています。 本書は、設備診断作業で受検される方を対象に、学科試験、実技試験両方に対応しました。 機械保全の中でも受検者数が極端に少ない設備診断作業においては、本書が唯一の学習参考書です。

通信教育

  • よくわかる機械保全(設備診断)1級コース

    機械保全(設備診断)の知識をわかりやすく解説します 国家検定である「機械保全技能検定」(設備診断)の受検対策コースです。共通編で設備一般の構造と用語を理解し、専門編で非破壊検査、絶縁診断、故障解析などの設備診断技術を学びます。

  • よくわかる機械保全(機械系保全)2級コース

    機械保全(機械系保全)の知識をわかりやすく解説します 国家検定である「機械保全技能検定」(機械系保全)の受検対策コースです。共通編で設備一般の構造と用語を理解し、専門編で締結、軸、伝達など各要素別の機械系設備の構造と保全技能を学びます。

  • よくわかる機械保全(設備診断)2級コース

    機械保全(設備診断)の知識をわかりやすく解説します 国家検定である「機械保全技能検定」(設備診断)の受検対策コースです。共通編で設備一般の構造と用語を理解し、専門編で非破壊検査、絶縁診断、故障解析などの設備診断技術を学びます。

  • よくわかる機械保全(電気系保全)2級コース

    機械保全(電気系保全)の知識をわかりやすく解説します 国家検定である「機械保全技能検定」(電気系保全)の受検対策コースです。共通編で設備一般の構造と用語を理解し、専門編で電気回路、電子回路、電子機器など各要素別の電気系設備の構造と保全技能を学びます。

  • よくわかる機械保全(電気系保全)1級コース

    機械保全(電気系保全)の知識をわかりやすく解説します 国家検定である「機械保全技能検定」(電気系保全)の受検対策コースです。共通編で設備一般の構造と用語を理解し、専門編で電気回路、電子回路、電子機器など各要素別の電気系設備の構造と保全技能を学びます。