資格試験情報

通関士 試験情報

試験名 通関士
主催 財務省
http://www.customs.go.jp/index.htm
試験日 第51回試験
2017年10月1日(日)
※詳細は主催団体へご確認ください。
申込日 ※詳細は主催団体へご確認ください。

参考書籍

  • 新版 「通関士」合格の基礎知識

    イラストや図表解説をふんだんに使用し、ケーススタディを交えながら、「貿易」と「通関」の基本知識をわかりやすく解説した入門書です。 楽しい講義を聞いているような読みやすさで、「輸入通関」や「関税」、「保税制度」など、貿易実務についての理解を深めることができます。 通関士をめざしている方や貿易通関の実務職の初心者の方の「なぜ?」に、「そういうことだったのか!」と答えてくれる本です。

  • 2017年版 どこでもできる通関士選択式徹底対策

    本書は、通関士試験の選択式試験の中でも、とくに「語群選択式問題」に焦点を当てて、各テーマを空欄記述式問題の形式で提示して、それぞれのポイントを図解しています。実際の試験では「語群選択式問題」の配点は他の出題形式の5倍に相当します。そこで、これに集中して、過去の出題データと最新の法令改正点を踏まえて掲載しています。 2017年度の試験範囲について、税関から異例の発表がありました。例年は試験実施年の7月1日現在の施行されている法律などでしたが、その後施工される条文も出題範囲となりました。 本書は、最新試験範囲を網羅できる、改正に準拠した試験対策テキストとなっています。

  • 2017年版 通関士試験合格ハンドブック

    異例なことですが、2017年の試験は、公布はされているものの施行はされていない改正通関業法も試験の対象となりました。本書はこの改正にも準拠して最新の内容でお届けします。 免除科目のない一般の全科目受験生にとって、通関士試験は合格率が11%程度と、非常に難関である国家試験です。本書は、この通関士試験に合格するために必要な知識を習得するハンドブックです。本書のコンセプトは、基本を確実に理解すること。重箱の隅をほじくるような異色の問題は、1割程度しか出題されません。残る9割は基本に忠実な出題であり、本書はその基本を中心とした合格のための「エキス」がぎっしりと詰まっています。これによって、効率的に受験準備ができるようになります。 さらに、2色刷のチェックペン方式なので、付属の下敷きを使って、用語・単語も容易に記憶できます。

  • 2017年版 通関士試験テーマ別問題集

    異例なことですが、2017年の試験は、公布はされているものの施行はされていない改正通関業法も試験の対象となりました。本書はこの改正にも準拠して最新の内容でお届けします。 免除科目のない一般の全科目受験生にとって、通関士試験は合格率が11%程度と、非常に難関である国家試験です。本書は、近年の出題傾向を踏まえた本試験の問題と応用問題を、出題頻度の高い分野を中心に、テーマ別に整理して収録した問題集です。丸暗記でなく、着実に本質を理解することができるよう工夫しました。