社員研修、社員教育のHTK塾 受講者の声

大手シンクタンク所属
システムエンジニア Nさん(入社6年目)

この研修に来る前と、いま終えた自分は、考え方が変わっているなって思います。
・・・自分らしく仕事をして、かつ成果も出すこともできるし、
それってすごく人生としてハッピーなことなんだな・・・。

ページの上部へ

社員研修、社員教育のHTK(Honki-Tongari-Kokorozashi)塾とは?

社員研修、社員教育のHTK塾のコンセプト

2日間のワークショップを通じてHonki-Tongari-Kokorozashiの精神を養い、ビジネスパーソンとして自分をマネジメントし、自律的に仕事に取り組んでいける人材を育成します。

  • Honki 本気になる: 自分で決めて、自分でやりぬく
  • Tongari 尖がる: 独自性、専門性を極める
  • Kokorozashi 志をもつ: 新しい目標を創造し、周囲を巻き込んで実現に導く

こんな「課題」に社員研修、社員教育のHTK塾

HTK塾は、米国CDT社のTheCareerChallengeWorkshopをもとに、日本のビジネスパーソンに向けて開発しました。
全世界でも10万人が受講しているグローバルなプログラムです。

中堅社員

中堅社員の方々は、与えられた仕事に対して堅実に取り組むことは得意な一方で、独自性を追求したり、自分からチャレンジをしたりすることは苦手とする場合が多いようです。日々の業務の忙しさに紛れ、ともすると現状維持、停滞状態に陥りやすい中堅社員の方々に、これからのビジネスパーソンとして、それぞれ核となる強みを磨き、それを発揮することで、新しい価値を生み出していけるように意識を高めていただきます。

女性社員

女性社員は、男性社員よりもライフイベントが多く、そのことが不安や焦りにつながってしまうことがあります。また、ロールモデルが少なく、自分が今後どのような働き方をしていくか具体的にイメージできないでいることもあるようです。そこで、自分の強みに目を向けたり、仕事人生を少し長いスパンでとらえなおしたりするワークショップを通じて、仕事の中で自分らしさを発揮することが自分の人生にもプラスの影響を与えられることに気づいていただきます。

ビジネスリーダー

ビジネスリーダーには、組織のビジョンを掲げメンバーを巻き込んでいくことが求められますが、その上でもまず「自分自身が何をしたいのか」を明確にすることが重要となります。肩書きを取り払ったときの自分の価値は何なのか、それをどのようにして組織に提供していくのか、自分の想いを表現することで、ビジネスリーダーとしての覚悟が決まります。

グローバルのビジネスパーソン

グローバル化が進展する中、ビジネスパーソンとして活躍し続けていくためには、多様な個性をもつメンバーの中にあって、「自分ならでは」の強みを発揮し、成果につなげる力が欠かせません。「これだけは誰にも負けない」という自分の強みを見つけ、それを磨き続けることが、グローバルで自分の存在感を発揮していくための第一歩となります。

ページの上部へ

社員研修、社員教育のHTK塾 開発者よりメッセージ

JMAM 研修ラーニング事業本部 本部長 嶋元 洋二

厳しい経営環境を勝ち抜くため、多くの企業では“尖った人材”の育成を真剣に考えはじめています。
“尖がった人材”を育てるためには、まず社員の意識改革が重要です。そこで、私たちは意識改革を目的とした「HTK塾」をリリースしました。
「HTK塾」は、米国での長年の研究とワークショップの実績に基づいてまとめられたグローバルなコースです。自分らしさや自分の強みを認識し、それを発揮することを通じて、組織に貢献できる人材を育成します。
このコースを活用していただくことで、日本のビジネスパーソンが自分の強みをいかんなく発揮し、企業のイノベーションを加速させていくことを願っています。

ページの上部へ

社員研修、社員教育のHTK塾 担当講師インタビュー

JMAM 研修ラーニング事業本部 シニアHRMコンサルタント 小池 順子

みなさんは、今の自分に満足していますか?新しいチャレンジをしているでしょうか。自分のできる範囲で仕事をしていませんか?
不安や焦りの気持ちから一歩踏み出せないでいるのは、自分だけではないかもしれません。
このHTK塾を通じて、とことん自分と向き合い、組織や仕事と向き合ってみることで、新しい可能性を広げてみましょう。

Q.HTK塾の一番の特色は何ですか?
日頃、じっくり考えることのない「自分らしさ」ととことん向き合うこと。また、その「自分らしさ」を仕事の中でどのように表現すれば、自分も満足し、かつ組織にも貢献できるかを考えるという点です。
職場から離れ、他の参加者とのやりとりの中で、自分ひとりでは気づけないことに気づく機会をもらえます。

Q.HTK塾の前後で参加者にはどのような変化がありますか?
前向きな気持ちになる人、スッキリする人、自分と向き合ったことで更にモヤモヤする人など、それぞれですが、自分の「核」とか「軸」のようなものを再確認し、それを大切にして前に進んでみようという気持ちになっていただけると思います。