映像教材・教育教材

人事考課・人材育成のための研修教材シリーズ

テーマ 人事・人材開発部門の強化 / 若手社員の育成 / 中堅社員の育成 / 人事制度の設計・運用 / 強い管理者の育成
対象 管理者

リセットなし

主人公の行動を通して、若手社員の仕事の進め方・取り組み方について学びます。

対象 若手~中堅社員
映像時間
Season1: 27分(ケース編)
23分(解題編)
Season2: 17分(ケース編)
19分(解題編)
提供メディア DVD

三人の後輩

主人公の行動やチーム内で起こったことを見ながら、後輩指導と上司説得のポイントを学びます。

対象 中堅社員~初級管理者(主任)
映像時間
Season1: 19分(ケース編)
24分(解題編)
Season2: 14分(ケース編)
28分(解題編)
提供メディア DVD

二人の課長

主人公の二人の課長の部下への接し方を通して、部下指導・育成について考えます。

対象 管理者(課長層)
映像時間
Season1: 27分(ケース編)
23分(解題編)
Season2: 20分(ケース編)
27分(解題編)
提供メディア DVD

二人の部下

入社後数年の女性社員・男性社員の日常業務を考課することで、人事考課の仕方を学びます。

対象 考課者
映像時間
  • 21分(ケース編)
  • 34分(解題編)
提供メディア DVD・VHS

沢田係長の戸惑い

営業係長の沢田さんの行動を考課することで、人事考課の基本を学びます。

対象 考課者
映像時間
  • 24分(ケース編)
  • 32分(解題編)
提供メディア DVD・VHS

目標管理におけるフィードバック評価面接

評価面接の実際を、ある家電量販店の課長・係長をモデルに学びます。

対象 管理者・考課者
映像時間
  • 14分(ケース編)
  • 21分(解題編)
提供メディア DVD・VHS

支店長!今さら何を

支店長の立場でやる気を失った課長への動機づけについて学びます。

対象 管理者
映像時間
  • 13分(ケース編)
  • 21分(解題編)
提供メディア DVD・VHS

明石係長の悩み

部下に依頼した仕事へ上司としてどう関わるかについて学びます。

対象 管理者
映像時間
  • 19分(ケース編)
  • 21分(解題編)
提供メディア DVD・VHS

企画を通す条件

販売促進の企画提案を通して、企画提案による上司説得のプロセスを学びます。

対象 一般社員
映像時間
  • 13分(ケース編)
  • 17分(解題編)
提供メディア DVD・VHS

映像教材の詳細

リセットなし
主人公の行動を通して、若手社員の仕事の進め方・取り組み方について学びます。

構成・内容

<Season1>

建材メーカー営業の大山さんは入社4年目。フットワークが軽く楽天的。いつもお客様の間を飛び回っている。ある日お得意様から新商品の引き合いがあり、見積りの作成を依頼された。見積り作成には工場の協力が必要だが、十分な説明もせず、資料にも誤りがあった。お客様から見積りの催促をされ、あわてて送ったところ内容の不備を指摘されて大きな案件を逃してしまった。

<Season2>

Season1で、大きな契約を逃した大山さん。訪問要請を断ったお客様から、好意で資料作成を依頼されたものの仕事の進め方は相変わらずの様子。資料提出の前日になってついにギブアップ。課長以下メンバー全員の助けもあって、何とか資料作成は間に合ったが、再び課長から叱責を受ける。

特徴

  1. ストーリーの中に、業務上起こり得るさまざまな問題を取り入れることで、より日常に近い、リアルな内容になっています。
  2. 「話し合いの場にこそ学びがある」ことを前提に、「良い・悪い」の判断ではなく、見る人の立場や考えによって意見が分かれる場面を描いています。
  3. 研修参加者自身が考えることを促すため、映像作品本編にはあえて「結論(話の結末)」は描いていません。
  4. 本製品は、「ケース映像と解題映像を収録したDVD-Video」と、研修で利用する「学習用資料と演習用ワークシート集を収録したCD-ROM」の各1枚で構成されています。
  5. Season2は、必ずSeason1学習後にご使用ください。Season2のみのご利用は、ストーリーの流れが分からない場面があります。

商品

リセットなし
商品番号
Season1: K-031-D
Season2: K-032-D
映像時間
Season1: 27分(ケース編)
23分(解題編)
Season2: 17分(ケース編)
19分(解題編)
タイトル リセットなし 価格
Season1: 70,000円(税別)
Season2: 70,000円(税別)
対象者 若手~中堅社員 提供メディア DVD
備考
  • 学習用資料、演習用ワークシート集あり(データ収録)
  • 本教材は法人申込のみとなります。また、商用利用を禁止しております。
三人の後輩
主人公の行動やチーム内で起こったことを見ながら、後輩指導と上司説得のポイントを学びます。

構成・内容

<Season1>

システム会社営業課の吉川さんは入社10年目。課のリーダー的存在として3人の後輩の指導を課長から期待されている。一見なごやかな営業課だが、実はチームワークはバラバラ。そんなとき大手建設会社の全社的プロジェクトを受注することになり、チーム一丸となる仕事の進め方が必要になった。危機感を感じる吉川さんだが、みんなと本音で話せないまま時間が過ぎ、ついに後輩の1人から「もう無理です」という電話が入る。

<Season2>

Season1で、仕事への自信をなくし、人間関係の不信感から退職を決意した後輩をはじめ、バラバラになったチームワークを何とかしようと行動を起こした吉川さん。後輩の話を聴き職場への復帰を説得したり、チームワークを建て直しプロジェクトを予定どおりに進行する。しかし、後輩に大きな仕事を任せるという提案は、課長に退けられる。

特徴

  1. ストーリーの中に、業務上起こり得るさまざまな問題を取り入れることで、より日常に近い、リアルな内容になっています。
  2. 「話し合いの場にこそ学びがある」ことを前提に、「良い・悪い」の判断ではなく、見る人の立場や考えによって意見が分かれる場面を描いています。
  3. 研修参加者自身が考えることを促すため、映像作品本編にはあえて「結論(話の結末)」は描いていません。
  4. 本製品は、「ケース映像と解題映像を収録したDVD-Video」と、研修で利用する「学習用資料と演習用ワークシート集を収録したCD-ROM」の各1枚で構成されています。
  5. Season2は、必ずSeason1学習後にご使用ください。Season2のみのご利用は、ストーリーの流れが分からない場面があります。

商品

三人の後輩
商品番号
Season1: K-021-D
Season2: K-022-D
映像時間
Season1: 19分(ケース編)
24分(解題編)
Season2: 14分(ケース編)
28分(解題編)
タイトル 三人の後輩 価格
Season1: 70,000円(税別)
Season2: 70,000円(税別)
対象者 中堅社員~初級管理者(主任) 提供メディア DVD
備考
  • 学習用資料、演習用ワークシート集あり(データ収録)
  • 本教材は法人申込のみとなります。また、商用利用を禁止しております。
二人の課長
主人公の二人の課長の部下への接し方を通して、部下指導・育成について考えます。

構成・内容

<Season1>

営業1課の吉田課長は、強力な営業力と強いリーダーシップで常に課の目標を達成していた。吉田課長のもと、渡辺さんと斉藤さんは、中堅社員として順調に成長しているように見えた。そんなとき、欠員が出たマーケティング課から要請があり、斉藤さんが異動することになった。当初は不安だった斉藤さんも中村課長の指導のもと、いきいきと仕事をするようになった。先輩の渡辺さんは、そんな斉藤さんを見て、このままでは自分は取り残されるのでは、と不安に感じ始めた。

<Season2>

Season1で、部長から渡辺さんの異動願いの話を聞いた吉田課長は、翌朝早速渡辺さんと話し合い、営業部門の中核人材として期待していることを伝えた。しかし、渡辺さんを説得することができず、次年度の異動を渋々認める。一方、マーケティング課に異動し、仕事に慣れ始めてミスが目立つようになっていた斉藤さんに、中村課長はアドバイスをする。そんな中、営業説明会用の資料の内容に疑問を持ち中村課長に確認するが、明確な回答は得られないまま説明会が開催された。

特徴

  1. ストーリーの中に、業務上起こり得るさまざまな問題を取り入れることで、より日常に近い、リアルな内容になっています。
  2. 「話し合いの場にこそ学びがある」ことを前提に、「良い・悪い」の判断ではなく、見る人の立場や考えによって意見が分かれる場面を描いています。
  3. 研修参加者自身が考えることを促すため、映像作品本編にはあえて「結論(話の結末)」は描いていません。
  4. 本製品は、「ケース映像と解題映像を収録したDVD-Video」と、研修で利用する「学習用資料と演習用ワークシート集を収録したCD-ROM」の各1枚で構成されています。
  5. Season2は、必ずSeason1学習後にご使用ください。Season2のみのご利用は、ストーリーの流れが分からない場面があります。

商品

二人の課長
商品番号
Season1: K-011-D
Season2: K-012-D
映像時間
Season1: 27分(ケース編)
23分(解題編)
Season2: 20分(ケース編)
27分(解題編)
タイトル 二人の課長 価格
Season1: 70,000円(税別)
Season2: 70,000円(税別)
対象者 管理者(課長層) 提供メディア DVD
備考
  • 学習用資料、演習用ワークシート集あり(データ収録)
  • 本教材は法人申込のみとなります。また、商用利用を禁止しております。
二人の部下
入社後数年の女性社員・男性社員の日常業務を考課することで、人事考課の仕方を学びます。

ケース編

考課対象は、コンピュータ部品メーカー営業部業務課の吉田公一さん(26歳)と守谷栄子さん(23歳)。
吉田さんは、業務目標の「物流コスト削減案」を良い出来栄えで早く出し、飛び込みの仕事も多くこなすなど、与えられた仕事に対する取り組みはできているが、反面プライベートも大切にし、急な休日出勤の要請には応じず、ぎりぎり出社に定時退社、報告もれや納期遅れもあり、上司から進められた通信教育も断ってしまう。
一方守谷さんは、朝早く来て机を拭いたりお茶を入れたり、残業も休日出勤も厭わず、通信教育にも積極的に取り組むが、ケアレスミスや連絡忘れなどがあり、今期の目標(未経験業務への取り込み)も達成できなかった。

解題編

  • 考課の手順の確認
    1. 行動の選択<職務遂行上の行動/考課対象期間の行動/組織や個人に影響を及ぼす場合の職務外行動>
    2. 項目の選択<1つの行動は一つの項目(要素)で考課>
    3. 段階の選択<S:上位等級でも優秀/A:当該等級では優秀/B:当該等級では普通/C:当該等級では問題あり/D:下位等級でもC評価>
  • 二人の観察された「事実・行動」に対する「考課項目」と「評価段階」を解説。
    1. 評価項目<仕事の質/仕事の量/規律性/協調性/積極性/責任制>
    2. 段階<S/A/B/C/D>
  • 項目ごとに事実・行動を分類し、総合評価段階を解説

商品

二人の部下
商品番号 K-V160 映像時間
  • 21分(ケース編)
  • 34分(解題編)
タイトル 二人の部下 価格 75,000円(税別)
対象者 考課者 提供メディア DVD・VHS
備考
  • 1日研修モデルレッスンプラン例、補足テキスト・ワークシート等(データ収録)
沢田係長の戸惑い
営業係長の沢田さんの行動を考課することで、人事考課の基本を学びます。

ケース編

考課対象者は、食品メーカーの沢田営業係長(30歳)。
仕事熱心で優秀な沢田係長は上司小森所長からの信頼も厚いが、後輩の村野さんには自分の予定だけで打ち合わせを決めたり、ゴルフ接待を押し付けたりとやや強引。得意先のタチバナ商事担当者とは長い付き合いで良い関係であったが、先方の異動で経験の浅い担当者に変わったとたんに、態度が横柄になり相手を怒らせてしまう。
結局得意先から「担当替え」を所長に申し渡されてしまうことになってしまった。

解題編

  • 考課の手順の確認<行動の選択→項目の選択→段階の選択>
  • 観察された「事実・行動」に対する「考課項目」と「評価段階」を解説
    1. 評価項目<仕事の質/仕事の量/規律性/協調性/積極性/責任性/知識/判断力/企画力/折衝力/指導力>
    2. 段階<S/A/B/C/D>項目ごとに事実・行動を分類し、総合評価段階を解説

商品

沢田係長の戸惑い
商品番号 K-V161 映像時間
  • 24分(ケース編)
  • 32分(解題編)
タイトル 沢田係長の戸惑い 価格 75,000円(税別)
対象者 考課者 提供メディア DVD・VHS
備考
  • 1日研修モデルレッスンプラン例、補足テキスト・ワークシート等(データ収録)
目標管理におけるフィードバック評価面接
評価面接の実際を、ある家電量販店の課長・係長をモデルに学びます。

ケース編

家電量販店の家電販売課長と係長の面接場面。係長が期初に設定した自分の目標達成度について説明する。
項目は

  • 売上目標
  • 業務改善による省力化
  • 売れ筋商品の早期発見と死に筋商品の早期見極め
  • 搬入取付部門とのサービス向上と修理・クレーム対応向上のための担当部門との情報交換会を実施し、業務に反映させる
  • 能力開発目標(マーチャンダイジング知識の向上)

続いて、課長が、その評価をした理由の詳しい説明を求め、また具体的にはどのようなことだったのかと尋ねたりしながら、両者の評価が異なる部分を確認していく。

解題編

  • 目標管理制度の意義/面接の重要性
  • 面接場面の解説 <導入部(ねぎらい・目的や手順の確認/説明させ傾聴/達成・未達成要因の確認/評価の食い違い(達成水準の定量化)/評価の誤り(要因に上司の支援不足・曖昧な決裁権限・相対評価・他の目標との混同・期待評価)/達成水準の未確認/結び(要望や意見を聞く/来期目標の具体的留意点>
  • 事前準備<資料/シート/場所/位置/時間>
  • 面接の留意点<雰囲気/傾聴/肯定/事実/フォロー>
    二人の観察された「事実・行動」に対する「考課項目」と「評価段階」を解説。
  • 評価項目<仕事の質/仕事の量/規律性/協調性/積極性/責任制>
  • 段階<S/A/B/C/D>

商品

目標管理におけるフィードバック評価面接
商品番号 K-V162 映像時間
  • 14分(ケース編)
  • 21分(解題編)
タイトル 目標管理におけるフィードバック評価面接 価格 75,000円(税別)
対象者 管理者・考課者 提供メディア DVD・VHS
備考
  • 1日研修モデルレッスンプラン例、補足テキスト・ワークシート等(データ収録)
支店長!今さら何を
支店長の立場でやる気を失った課長への動機づけについて学びます。

ケース編

全国に5つの支店を持つ印刷用紙を扱う商事会社。この名古屋支店から大阪支店に転勤することになった支店長代理の後任候補として、名古屋支店内で昇進を有望視されていた波多野課長がいた。しかし本店の営業部長からは、本店の佐々木課長を支店長代理にという内示が松原名古屋支店長に伝えられた。支店長はそのことを波多野課長に伝えられないまま本店から新支店長代理が赴任した。腐って勤務態度が変わってしまった波多野課長に支店長が動機づけをする面談の場面を「ケース1」として収録。

解題編

「ストーリー」の問題点と「良い例」の比較検証

  • 「ケース1」…波多野課長が納得できなかった問題点を解説
    1. 叱責だけでリラックスさせる会話のない導入
    2. 不確定な人事の話をして不信感を増長させた
    3. 不誠実な態度・発言が不信感を決定づけた
  • 「ケース2」…1とは支店長の対応が違う面談の場面とその解説
    1. 話し易い雰囲気をつくった導入
    2. 自尊心を高める話
    3. 論理的に説明
    4. 傾聴
    5. 自己開示
    6. プラス思考
    7. 期待の明示
  • ※ 動機づけを行うためのポイントを整理

商品

支店長!今さら何を
商品番号 K-V165 映像時間
  • 13分(ケース編)
  • 21分(解題編)
タイトル 支店長!今さら何を 価格 75,000円(税別)
対象者 管理者 提供メディア DVD・VHS
備考
  • 1日研修モデルレッスンプラン例、補足テキスト・ワークシート等(データ収録)
明石係長の悩み
部下に依頼した仕事へ上司としてどう関わるかについて学びます。

ケース編

大手機械メーカーのシステム開発担当明石係長は、以前から噂されていた吸収合併の決定と40日以内のシステム変更を課長から申し渡される。係長は、「自信はないが頑張ってみます」という部下の島田さんひとりにこの仕事を任せたまま、再三の応援要請にもなかなか応じなかった。島田さんは連続の徹夜仕事で仕事は終わらせたものの病気になって入院してしまい、完治の見込みは不明。他の部下から「島田さんをそこまで追い込まない方法があったのでは」と言われて考える明石係長。

解題編

明石係長の行動の問題点とあるべき姿を<PLAN/DO/CHECK/ACTION>の観点で解説

  • P 合併に伴う業務に対する予測・計画がない→現在の部署の状況の把握、具体的なデータによる議論
  • D 部下に指示するのみ,支援要請も断る→部下・部署の能力を把握し、超える場合は組織全体に働きかける
  • C 進捗状況や残業状況を把握していない→業務日程による振り返り、労務(残業)管理を行う
  • A 土壇場で外部支援、倒れた部下には見舞いのみ→早期の対処、会社組織での対応
  • 当面の課題:
    1. 部下の病状をつかむ
    2. 部下の生活の安定を図る
    3. 仕事の肩代わり
    4. 退院後の対応
    5. 話し合い、信頼を回復する
  • 上司の心構え:
    1. 部下の気持ちを理解/部下の状況を理解/仕事のフォロー/自分の影響力を考える

商品

明石係長の悩み
商品番号 K-V167 映像時間
  • 19分(ケース編)
  • 21分(解題編)
タイトル 明石係長の悩み 価格 75,000円(税別)
対象者 管理者 提供メディア DVD・VHS
備考
  • 1日研修モデルレッスンプラン例、補足テキスト・ワークシート等(データ収録)
企画を通す条件
販売促進の企画提案を通して、企画提案による上司説得のプロセスを学びます。

ケース編

登場人物は、家電メーカーの販売部・企画課の森田課長とその直属の部下である、江藤さんと前田さん。この二人の部下が、森田課長からある販促企画案の提出を求められました。その中で、森田課長は、「まず、私を納得させるような案を出してほしい」と要請しました。さて早速企画書作りを始めた二人の部下は案をまとめ、それぞれ課長に提案します。

解題編

江藤さんと前田さんの課長に対する提案を、ポイントになる場面を比較して検証します。準備段階ではデータ収集やビジュアル化の重要性を解説。企画案を課長に説明し、説得する段階では①導入、②本論、③締めくくりに分けてそのポイントを解説します。

商品

企画を通す条件
商品番号 K-V168 映像時間
  • 13分(ケース編)
  • 17分(解題編)
タイトル 企画を通す条件 価格 75,000円(税別)
対象者 一般社員 提供メディア DVD・VHS
備考
  • 1日研修モデルレッスンプラン例、補足テキスト・ワークシート等(データ収録)

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら

このテーマ・課題に関連する事例

  • アズワン株式会社:プロフィール画像

    通信教育

    アズワン株式会社

    【JMAM通信教育優秀企業賞:2012】自己啓発を基盤とした「革新と創造」を実践する人づくり

    テーマ 人事・人材開発部門の強化/ 学習する風土づくり
    対象 管理者/ リーダー・監督者/ 中堅社員/ 新人・若手社員
  • 日本軽金属株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    日本軽金属株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.4

    テーマ 中堅社員の育成/ 人事・人材開発部門の強化
    対象 中堅社員