eラーニングライブラリ

今からはじめるキャリアベーシックコース

テーマ 学習する風土づくり / 若手社員の育成 / 中堅社員の育成 / ビジネススキル・知識の習得 / シニア社員の活躍推進
対象 新人・若手社員 / 中堅社員 / リーダー・監督者 / 管理者

より前向きに仕事に取り組むことを目指します

YouTubeデモ コースの紹介 体験版(Flash版)はこちら

なぜ今、自分のキャリアを自分で考える必要があるのかを理解し、キャリアデザインを始めるきっかけをつくります。自分の「内」を知り、自分のキャリアを取り巻く環境をとらえ、キャリアプランをどう実現していくかまでをガイドします。

対象者/Who should take this course ビジネスパーソン全般
想定学習時間/Expected learning time 5時間
最短実行時間/Shortest duration 50分

  • ●これまで自分のキャリアについて正面から考えたことはなかったように思います。日々の仕事に流されがちでしたが、自分がどうなりたいかを具体的に考え、弱点を克服する努力を計画的に行っていこうと思いました。
  • ●これからの会社生活について考えるとてもよい機会になりました。自分を見つめなおし、これからの人生をより豊かになるよう頑張りたいと思います。
  • ●キャリアとは、出世ではなく自分で考え実行することで自分でコントロールすることができるということがわかり、今後仕事を続けていくうえで役に立ちそうです。
  • ●5年先の自分をみこしたキャリア育成についての考え方を学習でき意識できるようになった。
  • ●仕事についての基本的な考え方について自分の認識との違いを知ることができたことと、これからの生き方について改めて考えることができたのでよかったです。
  • ●ある程度の年数がたっているなかで、改めて自分の位置づけを確認するために役に立った。
  • ●いままで漠然と考えていた自分の将来について真面目に考えるよいきっかけとなった。自分の将来を具体的にイメージすることで、日々の業務に対するモチベーションもあがりました。
  • ●かなり的を射た内容だと思う。当社には現在必要な視点なため啓発になると思う。
  • ●これからの仕事の進め方やコミュニケーションの方法など、役に立った。
  • ●これまで自分をどう成長させたいかを考える場面はあったが、どう考えていいかが分からなかった。今回、その「どう考える」かというところが少しわかったと思います。

ねらい

  • なぜ今、自分のキャリアを自分で考える必要があるのかを理解します。
  • 自分のキャリアを考えるには、どのような知識や考え方が必要かを理解し、これからのビジネス生活の中でキャリアデザインを始めるきっかけをつくります。
  • 自分の「内」に目を向け、現在の自分をより正しく理解するための自己診断を体験 します。
  • 自分の「外」に目を向け、キャリア環境を認識し、可能性を拡大する考え方を身につけます。

特色

  • 受講者が共感しやすいビジネスシーンをアニメーションで展開し、等身大の主人公を通して気づきを促します。
  • キャリアプランを作成することがゴールではなく、作成したプランをどう実現していくかまでをガイドします。

カリキュラム

  科目 主な項目
1 キャリアをデザインする
  1. 「キャリア」とは何かを考える
  2. 自分のキャリアを自分で考える
  3. キャリアデザインを実現するステップ
2 自分自身についてよく理解する
  1. 自分の「内」に目を向ける
  2. 自己理解の4要素
  3. 簡易アセスメント
  4. 自己診断のまとめ
3 キャリアをマネジメントする
  1. キャリア環境を認識する
  2. キャリアの戦略を考える
  3. キャリアマネジメントをめざす

本コースのキーワード

キャリア 仕事 キャリア開発 キャリアアンカー 自己理解 キャリアマネジメント モチベーション 自己診断 自立 自律

モバイル対応コース

本コースは、モバイル対応コースです。モバイル端末からもご受講できます。

動作環境はこちら

他の対応コースはこちら

このコースを活用している企業事例

  • 事例紹介 株式会社グリーンズ

    創業以来、「地域社会への貢献」、「仲間の幸せづくり」、「更なる成長拡大」を企業活動の目的としている株式会社グリーンズ。ホテルを全国展開する中で、社員教育にeラーニングライブラリ(以下、ライブラリ)を活用しています。同社のライブラリ活用法について、人材開発課の栗原豊氏、中川綾子氏にお話を伺いました。


  • 事例紹介 大同生命保険株式会社

    中小企業向け定期保険を中心に取り扱い、事業を展開する大同生命保険株式会社。「自ら考え、自律的に行動し、挑戦し続ける人材」の育成をめざし、2009 年度に人事研修を体系化。翌年には『eラーニングライブラリ』を導入し、年々改善を重ねながら、育成を推し進めています。

    今回は、人事総務部の神原光二氏、近藤道子氏、高山かなえ氏に、『eラーニングライブラリ』の活用方法についてお話を伺いました。


  • 事例紹介 福岡市役所

    九州最大の都市である福岡市。市の行政の中心となる福岡市役所では、市職員の 人材育成・活性化プランを2010年に改定しました。現在、職員教育に『eラーニン グライブラリ』を取り入れて、職員の能力開発やキャリアプランの策定に活用し ています。
    今回、総務企画局 職員研修センターの栗秋亜希子氏、古賀三愛氏のお二人に、 『eラーニングライブラリ』の活用法についてお話を伺いました。


  • 事例紹介 国立大学法人 岡山大学

    最高水準の研究と教育の実践を図り、社会貢献に役立てる仕組みづくりに、学生と教職員が一体となって取り組んでいる岡山大学。2004 年の国立大学法人化以降は、より一層職員教育に力を入れており、現在は『eラーニングライブラリ』を導入して職員の能力開発を進めています。今回、総務・企画部の前川幸枝氏と兼田修平氏に、『eラーニングライブラリ』の活用法についてお話を伺いました。



資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら