集合研修

マインドイノベーション・プログラム

テーマ シニア社員の活躍推進
対象 管理者

本音のぶつかり合いから
生まれる共鳴と行動力。

役職定年・雇用延長・再雇用・・・キャリアの節目にあっても自分らしく活躍するための“意識改革”をはかり、経験豊富なシニア社員として職場に貢献できることを考え、職場メンバーとの協働のしかたを発見します。

研修対象者 キャリアの節目や滞留によって今後への不安や意欲の低下などが起こりやすい状態にある社員

  • プログラム
  • ねらい
  • 特長
  • お問い合わせ

プログラム

事前課題
TAS診断への回答
1日目
オリエンテーション
導入
グルーブダイアローグ
全体シェアリング
環境分析
2日目
1日目の振り返り

自己分析I
(1)TAS診断
(2)キャリア指向性診断

自己分析II
(1)講義:エンプロイアビリティと市場価値
(2)キャリア資産の棚卸(スキル・業績)

課題演習 パラダイムチェンジ
ミッションシート作成

並行プログラム
キャリアコーチング
3日目
2日目の振り返り

ミッションシートの見直し

並行プログラム
キャリアコーチング
相互啓発の実践
演習:想いの花束

コミットメント発表(決意宣言)
エンディング
現場実践
面談実施による実践フォロー
キャリアコンサルタントによる個別面談
上司面談
お問い合わせはこちら

ねらい

参加者に意識改革と行動変容を促し、見える化した形での組織貢献とキャリア開発につなげます。

  • 1.自発的な気づきが生み出す意識改革によって、行動変容を促します
  • 2.自己課題を捉え、取り組むべきことを自己決定します
  • 3.個々のミッションを明確にして、組織貢献への意欲を高めます

特長

グローバル化による事業構造の見直しや人員の再配置、マネジメントポスト不足、雇用延長による役職定年後の勤務年数の増加など、過去に前例のない変化を経験する社員にとっては、自分が培い、創り上げたキャリアが活かせなくなるというキャリアの転機を迎えることになり、場合によってはモチベーションの危機に直面することになります。

社員一人ひとりが自分の活かし方を考え、自己目標を主体的に描くことにより、キャリアの転換期を乗り越え、新しい自分を獲得する。「マインドイノベーション・プログラム」はキャリアの節目をチャンスに変える、意識改革プログラムです。

グループワークを主として気づきを促進していく体験学習方式。メインファシリテーター(講師)のほかに各グループにグループファシリテーターが付きます。ワークの振り返り・考察や与えられたテーマでの自由な対話を通して、意識改革を促します。

他にこんなコースもおすすめ

お問い合わせはこちら

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら

このテーマ・課題に関連する事例

  • コーセル株式会社:プロフィール画像

    アセスメント

    コーセル株式会社

    アセスメント活用事例 Vol.6

    テーマ シニア社員の活躍推進/ 中堅社員の育成/ 若手社員の育成 / その他
    対象 中堅社員/ 新人・若手社員/ その他