HTML5対応 改訂 ポンプの基礎コースI

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / ものづくり人材育成
  • / 中堅社員の育成
対象
  • 新人・若手社員
  • / 中堅社員
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

若手の早期育成やベテラン不在による技能・技術伝承に役立つポンプの基礎理論を身につけます。

対象者 生産現場(工場)の新人・中堅保全マン、オペレータ、現場の作業者・監督者・管理者
想定学習時間 8時間
最短実行時間 214分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

ポンプの構造と原理から性能管理、運転管理に至るまでの、ポンプに関する基礎知識について習得します。
各種ポンプのカットモデルや運転理論に関するさまざまな実験映像を用いて、ポンプのしくみ・理論・性能・運転の基礎知識について学びます。
CGアニメーション、ナレーション、実写映像を組み合わせ、臨場感をもって解説しています。
ところどころインタラクション(対話形式)を設け、自分のペースに合わせながら学習を進めることができます。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習の前に
  • 学習開始にあたってと学習資料集
  • 学習内容のアウトライン
第1章 ポンプの仕組み
  • 101 ポンプの目的と役割
  • 102 ポンプの種類
  • 103 液体の流れ
  • 104 ポンプの構造
第2章 ポンプに必要な能力
  • 201 液体の持つエネルギーと水頭
  • 202 ベルヌーイの定理
  • 203 実揚程
  • 204 全揚程
  • 205 全揚程の算出の手順
  • 206 全揚程の算出①直管部摩擦損失水頭
  • 207 全揚程の算出②弁、継手類損失水頭
  • 208 全揚程の算出③配管抵抗曲線
第3章 ポンプの原理
  • 301 ポンプの原理
  • 302 インペラー内の液体の流れ
  • 303 インペラーが与えるエネルギー
  • 304 オイラーの式
  • 305 理論揚程とインペラー①
  • 306 理論揚程とインペラー②
第1回レポート問題
  • 第1回レポート問題
第4章 ポンプの性能曲線
  • 401 ポンプの理論揚程
  • 402 ポンプの揚程と損失
  • 403 ポンプの特性とサージング
  • 404 運転点と流量調整
  • 405 軸動力
  • 406 ポンプ効率
  • 407 性能曲線
第5章 性能と運転条件
  • 501 液体の性状とポンプの性能
  • 502 回転数とポンプの性能
  • 503 インペラーカットとポンプの性能
  • 504 インベラーカットによる省エネ計算
  • 505 並列運転時の性能
第6章 キャビテーション
  • 601 キャビテーションの発生
  • 602 キャビテーションによるトラブル
  • 603 キャビテーションとNPSH
  • 604 NPSHの算出
  • 605 吐出量とNPSHの変化
  • 606 キャビテーション対策
第2回レポート問題
  • 第2回レポート問題
コースエンディング
  • コースエンディング

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    ポンプの構造など図を用いて説明されているのでとてもわかりやすく、想像しやすかったです。また、ポンプを設計するうえで考えることなどもわかりました。

  • 受講者の声2

    実際に使用されているポンプの原理や特性、注意すべきことなどを多く知ることができました。

  • 受講者の声3

    この仕事にかかわる知識がたくさんあったので、この学習はすごく役に立ちました。

  • 受講者の声4

    やらなければならないと思いつつもやっていなかったため、よい機会になった。

  • 受講者の声5

    エンジニアの仕事は幅広い知識が必要とされ、電気以外の知識も蓄えられる。

  • 受講者の声6

    ポンプの仕組みや種類、トラブル等について知ることで現場での対応がしやすくなりました。

  • 受講者の声7

    ポンプの概要は知っていたが、基礎的な知識を整理することができた。

  • 受講者の声8

    動画などを用いて理解しやすく説明されていたので、現場のスキルアップになりました。

  • 受講者の声9

    各ポンプの構造などを詳しく知ることができた。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 このコースを活用している企業事例

Company case

サムネイル:事例紹介 キユーピー株式会社様

事例紹介 キユーピー株式会社様

ものづくり人材育成にライブラリを活用 ~キユーピー株式会社

サムネイル:事例紹介 JFE ケミカル株式会社

事例紹介 JFE ケミカル株式会社

技能伝承、安全教育をライブラリで強化 ~JFE ケミカル株式会社

サムネイル:事例紹介 関西熱化学株式会社

事例紹介 関西熱化学株式会社

4年間ライブラリを継続し基本を徹底して身につける ~関西熱化学株式会社

サムネイル:事例紹介 旭化成ケミカルズ株式会社

事例紹介 旭化成ケミカルズ株式会社

体験型研修 +『eラーニングライブラリ』で“設備に強いオペレータ”を育成 ~旭化成ケミカルズ株式会社

▼もっと見る

コースの改訂情報 改訂情報

Revision information

<改訂情報 2018年10月29日>
・本コースは Adobe Flash Player を使用しない新形式の教材に切り替わりました。動作環境のブラウザで学習してください。
・一部環境(Windows10・chrome)で発生していた、「207 全揚程の算出② 弁、継手類損失水頭」における字幕表示エラーを修正しました。
修正前)~求めることは×難です。 ⇒ 修正後)~求めることは困難です。


<改訂情報 2018年7月24日>
【該当項目、更新内容】
304、402、405、406、407、501、505、603、605、606について、グラフの一部が表示されない、数字の動きが表示されないといった不具合があり、修正対応致しました。


<改訂情報 2018年6月26日>
【該当項目、更新内容】
①スマホ、タブレット等モバイル端末に対応。
②104 ポンプの構造 以下、説明を一部変更。
グランドパッキンは、炭素繊維やフッ素樹脂などを組み合わせ紐状にしたものを巻き付けて液漏れを防ぐ軸封装置です。


<改訂情報 2012年10月31日>
教材内容を以下の通り改訂いたしました。
【該当項目】
504 インペラーカットによる省エネ計算
【改訂内容】
クイズ「インペラーカットによる節減エネルギー」の解答欄の標題を「Pb」から「Pa-Pb」に修正しました。

<改訂情報 2011年11月21日>
教材内容を以下の通り改訂いたしました。

【該当項目】
104 ポンプの構造
【更新内容】
ケーシング名称表示位置(矢印指示位置)をわかりやすい位置に変更しました。
スラスト軸受の機能について補足説明を追加いたしました。

【該当項目】
201 液体の持つエネルギーと水頭
【更新内容】
例示の流速値を2m/sへ変更しました。
それに伴い、速度水頭の計算式と計算結果を以下の通り変更しました。
速度水頭=2.0(二乗)/2×9.8=0.2[m]

【該当項目】
203 実揚程
【更新内容】
実揚程、吸込実揚程、吐出実揚程について、用語の補足説明を追加しました。

【該当項目】
207 全揚程の算出② 弁、継手類損失水頭
208 全揚程の算出③ 配管抵抗曲線
【更新内容】
タンク圧力値の単位をSI単位に変更しました。
P1=0.098MPa
P2=0.118MPa

【該当項目】
1章、2章まとめ資料(PDF)
【更新内容】
誤字および上記内容について改訂いたしました。

▼もっと見る