バルブコース(上)

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / ものづくり人材育成
対象
  • リーダー・監督者
  • / 中堅社員
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

バルブのトラブルの多くは、取扱者のバルブに対する正しい知識の不足が原因です。バルブの構造、検査、操作、日常点検について、実践的な知識を習得します。

対象者 生産現場(工場)の新人・中堅保全マン、現場の作業者・監督者・管理者
想定学習時間 4時間
最短実行時間 100分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

バルブのトラブルの多くは、取扱者のバルブに対する正しい知識の不足が原因です。バルブの構造、検査、操作、日常点検について、実践的な知識を習得します。
バルブの基本構造を知り、バルブの開放検査の方法と開閉操作の方法を理解します。
CGアニメーション、ナレーション、実写映像を組み合わせ、臨場感を持って解説しています。
ところどころインタラクション(対話形式)を設け、自分のペースに合わせながら学習を進めることができます。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習の前に
  • 001 学習開始にあたってと学習資料集
  • 002 このコースで学習する内容のご紹介
第1章 バルブの基本構造
  • 101 プラントにおけるバルブの重要性
  • 102 バルブとは
  • 103 遮断部の構造と仕組み
  • 104 駆動部の構造と仕組み
  • 105 密閉部の構造と仕組み
  • 106 軸封部の構造と仕組み①
  • 107 軸封部の構造と仕組み②
第2章 バルブの開放検査
  • 201 分解・清掃①
  • 202 分解・清掃②
  • 203 各部の点検
  • 204 摺合わせ
  • 205 組立て①
  • 206 組立て②
  • 207 気密試験
第3章 バルブの開閉操作
  • 301 バルブの操作とは?
  • 302 正しい操作方法
  • 303 急操作
  • 304 無理締め
  • 305 制限トルク
  • 306 ハンドル回し
  • 307 無理締めによる破壊兆候
レポート問題
  • レポート問題
コースエンディング
  • コースエンディング

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    プラントで沢山のバルブが使われており、常日頃から取り扱っているのでバルブの構造や操作の仕方はある程度理解していましたが、分解・清掃・組み立て・検査は、今まで行った事が無かったので今回学んで、今後の仕事で大変役に立ちます。

  • 受講者の声2

    実際の破損の状況や、実物で作業している様子の写真や動画を交えての内容だったので、イメージしやすかったです。実際の現場での作業と重ねながら学習することができました。

  • 受講者の声3

    実際にバルブ操作をすることが多いので、安全操作で気をつけなければいけない点を学ぶことができ、仕事に役立てると思います。

  • 受講者の声4

    これまで日常的に操作や点検をしていた機器について、体系的に復習できました。

  • 受講者の声5

    とても詳しく説明してもらえてとてもわかりやすかった。

  • 受講者の声6

    オペレーターに指示を出すときに、バルブの内部構造やバルブ操作に関する注意事項を理解している方が指示が明瞭で伝わりやすくなりました。

  • 受講者の声7

    バルブの仕組みや整備方法を知ることができ、日常の業務にも生かせる内容だった。

  • 受講者の声8

    バルブの構造や危険なポイントなど基礎を学ぶことができた。

  • 受講者の声9

    構造や仕組みから分解組立方法まで学習できた図や動画がわかりやすい。

  • 受講者の声10

    日常業務、解析業務において必要不可欠な知識だと思うし、業務に活かせる内容であった。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 このコースを活用している企業事例

Company case

サムネイル:事例紹介 キユーピー株式会社様

事例紹介 キユーピー株式会社様

ものづくり人材育成にライブラリを活用 ~キユーピー株式会社

サムネイル:事例紹介 JFE ケミカル株式会社

事例紹介 JFE ケミカル株式会社

技能伝承、安全教育をライブラリで強化 ~JFE ケミカル株式会社

サムネイル:事例紹介 関西熱化学株式会社

事例紹介 関西熱化学株式会社

4年間ライブラリを継続し基本を徹底して身につける ~関西熱化学株式会社

サムネイル:事例紹介 旭化成ケミカルズ株式会社

事例紹介 旭化成ケミカルズ株式会社

体験型研修 +『eラーニングライブラリ』で“設備に強いオペレータ”を育成 ~旭化成ケミカルズ株式会社

▼もっと見る

コースの改訂情報 改訂情報

Revision information

<改訂情報 2012年7月19日>
教材内容を以下の通り改訂いたしました。

【該当項目】
304 無理締め
【更新内容】
・トルクの単位を[N・cm]から[N・m]に変更しました。

【該当項目】
305 制限トルク
【更新内容】
・トルクの単位を[N・cm]から[N・m]に変更しました。
・表「制限トルク(例)」の呼び径「6/8B」から「3/4B」に修正しました。

【該当項目】
306 ハンドル回し
【更新内容】
・バルブの「呼び圧」単位を「MPa」から「kgf/cm2(平方センチメートル)」に変更しました。
またSI単位換算圧力0.98MPaを併記しました。
▼もっと見る

その他

Other information

協力

旭化成工業