モバイル対応 ~生産マイスター検定 公式認定~生産現場の基礎 QCD、安全・環境編

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / ものづくり人材育成
  • / 中堅社員の育成
対象
  • 新人・若手社員
  • / 中堅社員
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

「生産マイスター検定 ベーシック級」の学習内容をベースに、生産現場の技術者の基本となる管理技術の基礎を学び、“ものづくり”技術者としての意識を醸成します。

対象者 生産現場の若手技術者、管理技術の基礎を学びたい方
想定学習時間 2時間
最短実行時間 44分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

「ものづくりの基本」から管理技術の基礎として、ものづくり人材の役割・意識や品質、コスト、納期、 安全、環境について学びます。
生産現場のよくあるシーンや日常生活に例えた事例を取りあげ、音声やアニメーションを使って、 わかりやすく解説します。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習のガイダンスと学習資料集
プロローグ
第1章 生産部門の役割とコストマインド
  • 1-1 企業の社会性と役割①
  • 1-2 企業の社会性と役割②
  • 1-3 会社のしくみと製造現場の仕事
  • 1-4 仲間づくりと人間関係
  • 1-5 コストとムダ
  • 1-6 コスト低減の進め方①
  • 1-7 コスト低減の進め方②
第2章 不良品を作らないために
  • 2-1 良い品質とは①
  • 2-2 良い品質とは②
  • 2-3 不良品を作らない①
  • 2-4 不良品を作らない②
  • 2-5 不良品を混入させない
  • 2-6 不良低減の進め方①
  • 2-7 不良低減の進め方②
第3章 職場の納期管理
  • 3-1 まず納期を守ろう
  • 3-2 事前準備で納期を守る①
  • 3-3 事前準備で納期を守る②
  • 3-4 あなたの作業で決まる品質・コスト・納期
第4章 職場の安全・環境管理
  • 4-1 職場の安全管理
  • 4-2 企業と環境問題
エピローグ
レポート問題
学習の振り返り
  • さらなるステップアップを目指して

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    基本的でわかりやすく改めて理解することができた。

  • 受講者の声2

    QCD、安全・環境についての知識が増えた。

  • 受講者の声3

    業務を行う上で大切な知識を再認識することができた。

  • 受講者の声4

    品質や作業の無理ムダなどを考えるうえでの参考になった。

  • 受講者の声5

    理解していることの再確認ができ、明日からの作業にいかしていける。

  • 受講者の声6

    現在は間接部門の経理業務に従事しているが、直接部門の仲間の仕事を垣間見ることができた。

  • 受講者の声7

    生産現場での個々の役割の重要性、コスト削減における取り組みについて理解できた。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

コースの改訂情報 改訂情報

Revision information

<改訂情報 2016年9月26日>
教材内容を以下の通り改訂いたしました。
【該当項目、更新内容】
レポート問題(全10問)の「納期」に関する設問の誤字を以下の通り修正いたしました。
正「お客様の要求する納期を守るためには、・・・」
誤「お客様の要求する納期を守るためは、・・・」
▼もっと見る

その他

Other information

生産マイスター検定とは

管理者、第一線監督者、グループリーダー、生産ライン担当者といったものづくりに携わる人々に求められるトータルな管理技術と改善能力の基本を、それぞれの階層に応じて、どの程度有しているかを判断し、 認定、証明する検定制度