モバイル対応 女性活躍の推進を通じて学ぶダイバーシティコース

テーマ
  • 学習する風土づくり
  • / CSR・コンプライアンス
  • / 女性活躍の推進
  • / グローバル人材育成
  • / 強い管理者の育成
対象
  • 中堅社員
  • / 新人・若手社員
  • / 内定者
  • / 営業職
  • / 技術・技能職

コースの概要 コースの概要

Course oveview

◆ダイバーシティの定義、取り組みへの背景をとおして、推進の最重要課題である「女性活躍」の必要性を理解します。

◆個人のライフサイクルや時間軸の変化による自発的なキャリア形成、ワーク・ライフ・バランスへの取り組みの意識を高めます。

◆管理職、女性社員、男性社員、それぞれの視点で学習することにより、職場でのコミュニケーションの取り方を見直すきっかけをつくります。

対象者 ビジネスパーソン全般
想定学習時間 4時間
最短実行時間 31分

コースのねらいと特色コースの
ねらいと特色

★先入観や固定的な思いこみに対するチェックリストを用いて、自己の思考プロセスやとりがちな言動を振り返ります。
★職場におけるリアリティがあるケースから、管理職、男性社員には気づきを与え、女性社員には自覚を促します。

カリキュラム カリキュラム

Curriculum

科目・主な項目 主な項目
学習のガイダンスと学習資料集
プロローグ
  • プロローグ~自分の意識の振り返り
第1章:組織におけるダイバーシティ
  • 1-1 ダイバーシティの定義
  • 1-2 女性活躍の推進に取り組む背景
第2章:管理職の視点から
  • 2-1 育児休職から復職した女性への対応
  • 2-2 リーダーになりたがらない女性社員への対応
  • 2-3 仕事にやりがいを見出させる対応
第3章:女性社員自身の視点から
  • 3-1 仕事と育児の両立のために
  • 3-2 リーダーというチャンスへのチャレンジ
  • 3-3 これからのキャリア形成を考える
第4章:男性社員の視点から
  • 4-1 ダイバーシティは関係ない?!
  • 4-2 ワーク・ライフ・バランスをめざす
レポート問題

受講者の声 受講者の声

Students' voice

  • 受講者の声1

    多様な人材を積極的にマネ-ジメントするにあたり相手の立場や考え方、相違点を尊重しつつお互い合意の上で業務を行なうための参考となりました。

  • 受講者の声2

    具体的なケースが多く挙げられていたので、理解しやすかった。また海外との比較で日本の立ち位置も把握できる点がよかった。

  • 受講者の声3

    メンバーの定着は、計画的な人員採用や業務を進めるうえでのプラン作成に必要と考える。男女問わず、参考にしたい。

  • 受講者の声4

    ダイバーシティは最近よく耳にする言葉ながら、いまいちわかっていなかったので知れてよかった。

  • 受講者の声5

    受け身ではなく積極的に行動することが大切ということを改めて自覚できた。

  • 受講者の声6

    最近女性社員が増えてきて実践でも役立つと思った。

▼もっと見る
他のコースの声を見る

このコースを活用している企業事例 このコースを活用している企業事例

Company case

サムネイル:事例紹介 田辺三菱製薬工場株式会社様

事例紹介 田辺三菱製薬工場株式会社様

製薬人®の育成にライブラリを「自主的に」活用する ~田辺三菱製薬工場株式会社

サムネイル:事例紹介 株式会社デンソー様

事例紹介 株式会社デンソー様

ダイバーシティコースの導入で女性活躍推進を垂直立ち上げ! ~株式会社デンソー

サムネイル:事例紹介 三菱レイヨン株式会社

事例紹介 三菱レイヨン株式会社

ダイバーシティ、労務管理等、経営課題をライブラリで対応 ~三菱レイヨン株式会社

サムネイル:事例紹介 コネクシオ株式会社

事例紹介 コネクシオ株式会社

多様化する教育課題に対応したライブラリ活用術! ~コネクシオ株式会社

サムネイル:事例紹介 国立大学法人 岡山大学

事例紹介 国立大学法人 岡山大学

大学の意識改革に“自ら学ぶ”『e ラーニングライブラリ』を導入 ~国立大学法人 岡山大学

サムネイル:事例紹介 セントラル硝子株式会社

事例紹介 セントラル硝子株式会社

管理職の基盤教育強化をめざす ~セントラル硝子株式会社

▼もっと見る

コースの改訂情報 改訂情報

Revision information

<改訂情報 2017年6月9日>
モバイル版(Android系の一部)で発生していた、画像の一部が欠ける不具合を改修しました。
該当箇所:1-2 女性活躍の推進に取り組む背景 の2箇所

 

 

<改訂情報 2016年3月10日>
①1-2 「世界男女格差報告」2014ランキング → 2015ランキングに更新
②1-2 「国際比較の視点」女性活躍推進法について解説を追加
③1-2 「ダイバーシティ経営企業100選」からの掲載企業を更新
日産自動車株式会社(平成24年度) → カルビー株式会社(平成26年度)
④3-1 「女性の年齢階級別労働力率の推移」データ更新
⑤4-2 「共働き等世帯数の推移」データ更新
上記①②の改訂内容をエッセンス(学習資料集)に反映


<改訂情報 2015年12月22日>
・1-1、4-2 「組織の中のダイバーシティ(多様性)の輪」
誤植修正: 性的志向 → 性的指向
・1-2 「国際比較の視点」
女性活躍推進法の施行について掲載
・上記の改訂内容をエッセンス(学習資料集)に反映

 

 

<新訂版情報 2015年3月16日>
前コースからの主な変更点は次のとおりです。
◎コース名の「促進」を「推進」に変更
①各種データの更新:1-2日本の将来推計人口、世界男女格差報告など
②最新情報の追加:3-1女性の年齢階級別労働力の推移(М字カーブ)、4-2イクメンプロジェクトなど
③企業事例の更新:1-2経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」より4社
④冗長な部分や、すでに周知の内容となっている部分を削除し、最短実行時間を短縮
⑤画面インタフェースの刷新:字幕の表示・非表示切替、音量ON/OFF調整
⑥レポート問題を10問のランダム出題に

▼もっと見る