アセスメント

研修内製化に役立つ!アセスメント活用のコツ

シリーズ1

講師に、研修でアセスメントを活用する際のポイントを聞きました。
アセスメントは、採用試験などの適性検査だけではなく、能力開発の場面でもさまざまに使われています。
「研修内製化に役立つ! アセスメント活用のコツ」シリーズ1では、研修効果を高めるアセスメント活用のコツを、講師のお話からご紹介します。
内製で実施する研修の効果を高めるために、ぜひアセスメントを活用してみてください。
インタビューした2名の講師

Q.研修でアセスメントを使うと、どのような効果がありますか?

自分に向き合い、自分で気づく

“本人が気づいていないところ”に自分で深く気づくことができ、行動を変えることにつながります。
管理職研修では、自分のマネジメント力の良いところやウィークポイントに気づいてもらうために、360度診断(多面評価)アセスメントセンターを活用しています。
意識改革をしたい、刺激を与えたいなどのご要望があるときは、とくにおすすめしています。

人はどこかに、自分はそこそこできているという気持ちがあるんですよね。なので、アセスメント結果という目に見える形で自分の特徴を示されると、やはりインパクトがあるんです。思っていた以上に評価されていたことに気づくこともありますし、納得がいかなくて、なんでこんな結果なんだろう?とネガティブな思いを持つこともあります。

ただ、私はこの“ネガティブな思い”は、けっこう大事だと思っているんですよ。納得できない思いが心の中にずっと残っていて、確かにそのときはいい気分はしないでしょうけど、嫌な思いが残っているからこそ、“変われる可能性”がありますよね。

ですので、講師としては、その人の嫌な思いにできるかぎり向き合うようにしています。口だけで「前向きに受け止めましょう」と言っても、響かないですから。案外、嫌な思いの根っこには、別の事情や希望や不満があって、本人が意識できていないこともあるんです。

アセスメントは、本人も気づいていなかった行動を変えるきっかけ、変わっていける可能性に向き合わせてくれるところが良い点だと思います。

アセスメントは、客観データで結果を示せるので、講師があれこれ言わなくても、本人が自分で気づけるところが良いですね。

たとえば、コミュニケーションスタイルの特徴を把握するアセスメントを使って、批判が強い人に「人に厳しく指摘しがち」などと出ると、表面上は笑っていても実は心の中では響いているんですよね。なんとなく思い当たるところがあると、講師から「あなたこうでしょう」などと言わなくても、納得しているのだと思います。
とくに面と向かって言いにくいようなことは、客観データで示したほうがスムーズに受け止めてもらえることもありますね。

それから、人と自分の違いに気づけるという点もメリットです。通常、同じ基準で自分と人を比べることはなかなかないですが、アセスメントを用いると、同じ基準で比較することで自分と人の違いがわかるんですね。コミュニケーションスタイルが違うことや、なぜ自分の話を受け止めてもらえないのか、相手に伝えるにはどう工夫したらいいのか・・・、などを考えるきっかけになります。単に良い悪いではなく、多様性という観点で、自分のふるまい方を考えたり他者理解をしたり、ということにつながります。

◎アセスメントを内製の研修に活用するメリット
●客観データで結果を示せるので、講師から詳細に説明しなくても、本人が自分で気づける
●アセスメントによって自分に直面させることができ、本人が行動を変えていくためのきっかけになる
●人と自分の違いに気づき、多様性の理解につながる
▲ページの上部へ

本コラムに出てくるアセスメントツール

360度診断(多面評価)

対象者の日頃の行動について、本人と上司や同僚など職場関係者が、実践度と期待度の観点からアンケートに回答します。
 ■管理者向けRoundReview
 ■中堅社員向けNAVI360
 ■新人・若手社員向けNAVI360 Basic

アセスメントセンター

管理者・リーダーとしてのマネジメントスキルを把握します。

TAS診断

TA(交流分析)の考え方をもとに、人とかかわる際の行動特性や態度などの特徴を把握します。

EI Gate

エモーショナル・インテリジェンスの考え方をもとに、組織の一員として周囲と効果的にかかわるためのメンバーシップの特徴を把握します。

★★アセスメントツールはトライアル可能です。詳しくは弊社営業担当までお問い合わせください★★

▲ページの上部へ

資料請求

商品・サービスに関する資料はこちらからご請求いただけます。

お問い合わせ

導入・購入のご相談、見積もりのご依頼など、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ先はこちら